地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 柳美里:男 | main | 瀬戸内晴美:幸福 >>

宇野千代:生きて行く私

生きて行く私
宇野 千代


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うぅん、私は長生きできんやろなぁ(苦笑)。
これも、会社の人に借りた本。
(金欠のため、引き篭り強化週間です。借りるだけ借りて引き篭れー)

宇野さんは確か、98くらいまで生きて
そのぎりぎりまで本書いたり、とにかくやたら元気で長生きした人。
で、東郷青児など何人もの男と浮名流したり
まぁいろいろととにかく元気に活動した方だ。

当たり前のことなんだけど
老いた後の時間の方が長いんだよね。
昭和58年の時点で80歳越えてるし。
「長生きの秘訣はくよくよ悩まないこと」とはよく言うけど
なんというか、傍から見たら「悩まなさすぎやろ」とも思う。
昔の旦那さんの名前も素で間違えてて
「これはなんということか」とか言われても、ねぇ?
多分、天真爛漫な人なんだろう。
じゃなきゃ、別に不満な生活をしたわけでもないのに
ちょっと出かけたっきり男捕まえてそのまま戻ってこないとか
…それが許される(?)のどかな時代だったのかしら?
などと、くよくよと考えがちな私は思うわけです。

傷ついた人もたくさん周りにはいただろうに
それを全部「忘れた」と言ってしまえる彼女のような人間が
一番強いんだろうな。
彼女は傷ついたのかな。傷つかないわけはないと思うけど
多分「忘れた」んだろう。
長い人生の中の全てを覚えていられるわけもないしね。
作家別「あ」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/118
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■