地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 酒井順子:負け犬の遠吠え | main | 女神の欲望 >>

渡辺淳一:遠き落日

遠き落日〈上〉
渡辺 淳一

集英社 1990-05
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


貸したカネ返せよ♪貸したカネ返せよ♪ぉぅ♪
貸したカネ、ハシタ金なんでしょお♪
(マラカスふりふり)
うーん、日銀さん。
詳しい話が聞きたい。
お札の肖像って何を根拠に選んでるんデスカ?

野口英世という人については
貧乏な中、ハンディキャップを持ちながら苦学し
世界的な細菌学者になり、黄熱病で死んだ人、という
もろ「漫画日本偉人伝」的な知識しかなかったわけですが・・・。

結局、この人、何したかったんや??

貧乏な東北の家に生まれ、お母さんの恐ろしいほどの働きで
勉強に励む。
頭も良かったし、母親譲りの粘り強さで、常に一番の成績。
幼い頃、やけどで失った左手のコンプレックスをバネに
医者への道を進む・・・。
その最中には、色んな人に対し、お金をせびる方法を身につけ
学友や、目をかけてくれる大人からどんどんと巻き上げる。
「俺は賢いんだから、そんな俺のためにはみんながお金を出すのが
 当然だ」と英世は思っていたかどうか。
 
でさ、もらったもんを有意義に使えばいいよ。
でも、大金もらっちゃったら、そもそもの用途を忘れて
短期間でぱーっと遊びに使ってしまう。
で、必要になったときに「どうしよう!」と思って
相手の良心を揺すぶるようなお手紙なんかで、再び催促する。
こんなシーンが数え切れないくらいある。

幼い頃から「その日暮らし」をしてきた一家に育った英世には
「次の日」のことは頭になくなるのかもしれない。
お金を持っていると使ってしまうんだろうな。
貯蓄、とか、ご利用は計画的に、とかそういう概念がないんだろう。
まぁそういうことに使う脳味噌のキャパがなかったのかもしれんがw
一生貧乏ならさておき、途中からものすごい金額稼いでんのにさー。

学校や研究所、学会なんかでは対人能力が低い英世だったけど
出会っ(てしまっ)た人間を、どのように自分に利用するか
そしてどのように惹き付けるか、それを本能的に知っていたんだろうな。
だから、援助し続けた人は、自分の家も省みずに援助してしまう。
援助した一人が、自分の息子に
「女には惚れてもいけど、男には惚れんな」という教訓を残してるところが
笑える。
ま、お世話になった人には死ぬまで、マメにお手紙書いてたみたいだし。
友人が遊びに来たら、うっとおしいほどの過剰接待してたけど。

研究については、結局、何かを見返したかったんだろうなと思う。
帝大出しか認めない、日本の学界。
貧乏だった過去。左手のコンプレックス。日本人であること。
それを原動力にして(?)あきれるほどの行動力を見せる。
ある意味、結婚詐欺のような事をしでかし、その金でアメリカに渡り
24時間働けマスカ?と日本人らしい(笑)研究っぷりをみせる。
で、「ほら、すごいだろう!お前らよりもすごいんだ俺」という
自己顕示欲も大層見受けられる。
いや、いいんですけどね・・・それなりのことしてるし・・・

でも、結局この人って
梅毒の菌見つけただけじゃないの?
・・・いや、「だけ」っていうのはなんだけど。
矢継ぎ早に論文や研究結果を発表しつづけたのはいいけど
その内容自体、彼が死んで後否定されて
医学会の歴史にも大して残ってないらしい。
そう思うとなんかかわいそうな気もしなくはないけど・・・。

興味を持ったものに対しては、ものすごい粘着だったんだろうな。
一度だけ恋の話が出てくるけど、
相手の女の子からしたら、英世はストーカーでしかなかっただろう。
しかも会っても、自分の自慢話だけ。
恋に破れた・・・というより、疲れただろうな。彼女。
エネルギーの放出バランスがとれなかった人だったんだね、英世。
針を振り切るかんじで。

いや、なんというか、濃かったわ。このおっさん。
スピード感溢れすぎ。読んでる人にも「24時間眠らせないぜ」ってかんじで。
エキセントリックな人って疲れるわねぇ。
天才肌といえば聞こえはいいけど。近寄りたくないなw

で、さー。
新札の話に戻すけど。
樋口一葉も、男二人と愛人契約(?)交してお金吸い上げてて
英世も金銭的には破綻してるわけよ。
どうなのよ、この二人を肖像にして。
日本をどうしたいのw


ブログランキング
クリックお願いします★


遠き落日〈下〉
渡辺 淳一

集英社 1990-05

おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

作家別「わ」行 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ぱちぱちぱち!素晴らしい〜。
ゲラゲラ笑いながら読んでますっ
そう、日本は何を考えとんじゃ、って思うよねー。
同じようなのは石川啄木。こっちもかね借りて遊郭いって、何してんの?ってやつ。
偉人伝しか読まないとわかんないことがいっぱいあるよねー。
ダメ人間、ある意味偏っている情熱を描くのが淳ちゃん、うまいと思うのよー。今は菊治だけどさ。
かっこー | 2005/01/15 10:01 PM
なんでそんなに啄木嫌いなの・・・。
何か本あります?

「冬の花火」も読んじまったので
今、とりたてて読みたい作家がいないのです。
1月末までの、古本屋の金券があるので
何かいいのがあったら教えて下さいませ。

菊治・・・。偏ってるというかなんというか
せこさ大爆発だよねぇ。
恋愛に
費用対効果を考えてちゃ(もとをとろうとしちゃ)ダメだろ。
医者の知識と技巧は比例しないのかな。
うたぎく | 2005/01/17 12:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/179
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■