地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 林真理子:女文士 | main | 林真理子:天鵞絨物語 >>

銀座討入り日記★

sign
↑微妙に575





おらこんな村いやだぁー、おらこんな村いやだぁー
東京へ出るだぁ〜
東京へ出だなら、ゼニこぁ貯めで、
銀座に山ぁ買うだぁ〜
と心の中で歌い上げつつ、
艶ちゃんのてきぱきした案内で、やって参りました資生堂ビル。
母さん、都会はエレベーターもお洒落ですね。

会場に着き、受付をすまし、いざ会場へ。
会場には、三分の二くらいの女子が既に着席しておりました。
みんな華やかでございます。
わたくしの席はBテーブル。
なぜか中央のBテーブルには先客は2名しかいらっしゃいませんでした。
とりあえず、前から詰めて座りましょうと、座って前の女子を見ると
つい先日コメント頂いたばかりの透子さんが目の前に!
「あー!あー!」という幼児以下のボキャブラリーで自分をアピール。

席に座ってすぐ、お店のお兄さん(こういう呼び方すんなよ)が
「すいません、この席空けてもらえます?ひとつずれて欲しい」と仰ったので
席移動。
「そいえば、蝶さんどこ座るんやろね?」
と透子さん&お隣に座っていたanelaさんにタメ口で話し掛けるわたくし。
ステージもないし、お誕生日席もないし・・・

そうこうしているうちにけろろんさんの司会にて、会がスタート。
蝶々さんのご登場です。
華やかな黒のワンピースをお召しになった姐さん。
第一印象は、
想像していたよりも小さくて華奢な方だなぁ、と。
身長も160以上あるはずだし?
多分、顔も小さいし線が細いのかなぁと。
子猫みたいでした。

そして、挨拶&スタッフの皆様のご紹介のあと
姐さんもご着席。


俺 の 隣 に !!!!


・・・しかもさっきまでわたしが座ってた席だよ、そこ。
姐さん、席、暖めておきましたから!と秀吉のようなことを心で思いました。

おおお同じ空気を吸っている・・・。
そして「うたぎくさん?」などと話し掛けてくださる・・・。
あなたの産毛を撫でた空気がわたしの元に・・・
ぉぉぉ。ぁぁぁ。

もうかちゃかちゃ料理(フォークとナイフを使う素敵料理の総称)の味なんてわからねえ!
どっちの手にナイフ持つのかもわからねえよ!

そして姐さんのドレスの左側には、びしっと深いスリットが入っており、
左側に座るわたくしの目には、黒いストッキングにつつまれた
姐さんの太ももが上の方まで・・ァく

「いやん、そんなに緊張しないで〜」とやさしく仰る姐さん。
拙プログのことにも触れて下さって。
わたくしごときに恐れ多い!
もっとたくさんの素敵女子が喋りたそうにしているのに!
と、酔いが回る前のわたくしは思いました。

ほんとは透子さん、anelaさん、sonnyさん、ちょこみんとさんも含め
色々お話してくださったのですが
記憶が断片的です。

それは、緊張&人見知りのあまり、・・・もありますが
その後、ちゃっかり酔っ払ってしまったからです★(←愛らしく)

もちろんそれは私だけではなく、
気がつけば、あちこちで華やかな笑い声。
姐さんは「また戻ってくるね〜」と愛らしく微笑み、
テーブルを周り始めました。
隣から蝶々さんが羽ばたいていかれたあと、
素敵ワインにビールを混ぜ(笑)すっかり酔ったわたくしは
姐さん、早く戻ってこないかなー
さっきの殊勝さはどこへやら、大きな態度で思っていました。

楽しい時間はあっという間に過ぎて。
お開きの時間が迫ってきました。
質問タイムが始まり、ぷうぴいさんが先陣を斬ってのご質問。
そのあとは、明美メンバーな艶ちゃんが続く。
じゃじゃじゃあ、わ、わたくしも?と思っていると
わがテーブルからは未マダムさんと意気投合していた
sonnyちゃんが立ち上がり
キョウコ女王様のご提案で、全員が自己紹介。
「あ、あなたが!」というかんじで
お名前は存知あげている方のお顔を拝見できて、満足です。
後々のブログ巡回の役にたちます。
わたしは酔っ払っているので、発言が意味不明でした。すまんねぇ。
ここぞというときに使い物にならないんで。(何が)

姐さんは、テーブルを回られているうちに、
たくさんワインをお飲みになられたのか
前に座っていても、赤ワインの大きなグラスをぐびびと飲み干しておられました。
イスに座って、「氷の微笑(小悪魔バージョン)」のように何度も足を組みかえ、
なんかもうくねくねされており
「い、いいのぉ・・・?」と思いました。
「ヲイ!」とわたくしに突っ込ませず
「いいのぉ?」というところに、殿方を夢中にさせる秘密があるように思います。
けろろんさんが、
「ここで起こったことは内密に!」と仰るのに
「もういいよぉ!いいのー」と返される。なんと愛らしい・・・。

最後のご挨拶をされて、姐さま、退場の予感。
え!ちょっと待って!
姐さん、「後で戻ってくる(はぁと)」と仰っていたので
わたくし達はプレゼントも渡してないし、サインも頂いておりませんえん!
と集団直訴(笑)をし、特別に、私たちのテーブルだけ再度時間を頂きました。

サインには
「うたぎくさん、本名でサインするね?本名なあに?」と聞いてくださり
聞き返されることもなく、さらさらと名前の漢字をあてて下さった姐さん。
何をプレゼントしようか迷ったあげくに思わず買い込んだ

天天有のらーめん


「ほんとに!やーん、デブも食べるよーー!!」と仰ってくださり、
いやぁ、感無量でございます。
(しかもその後、日記でも触れてくださり)

ということで楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

同じテーブルに座った
透子さんは、主婦とは思えないほどの清楚で愛らしい方。
anelaさんは、そのHNのとおり、南国のお花のような華やかな方。
ちょこみんとちゃんは、ものすごい目力&小さな身体に
はちきれんばかりのセクシーさ。
sonnyちゃんは斬りこみ隊長らしく、さわやかな人懐っこい方。
未マダムさんとはやちさんは、
大人しかったテーブルを一気に盛り上げてくださりました。

スタッフ&ゲストの皆様。
出版社の垣根を越えて、この会を盛り上げてくださりありがとうございました。
最後の方、すっかり和めたのは、皆様のおかげだと思っています。

そして、解散後、1階で突然のわたくしの斬り込みにやさしく対応してくださった
ちーままさん。
あんまり話せなかったけど、ようやく会えたなみ奴ちゃん。

帝国から一緒に行った
ぷうぴいさん、艶ちゃん、えりきゅ。

11人、集団2次会で一緒になった方々。
一人一人お話できずにごめんなさい(いらんて?)
みんなありがとう★楽しかったよーう!!


頂いた花束と、石鹸からはすごくよい香りがします。




追伸;会でも話題になってた、蝶々さんテレビ出演の件。

わたくしの個人的な思いは
やっぱりあんまり出て欲しくないなぁ〜というかんじです。
もちろん、私を含め東京(or都会)にいない人間には、
なかなか蝶々さんのお姿を見ることはできないから
テレビ出演というのはすごく貴重な機会だな、とは思うんだけど。

今の小悪魔ブームは蝶々さんが作ったようなもんだし(?)
今フィーチャーされるのは当然なんだけど。
あまり顔が出てしまうと、
彼女の小悪魔活動にも支障(!)が出てくるんじゃないのかなー
と思うのです。
それと、公的なものに出る時点で「蝶々」という商品となり
その「商品」は出れば出るだけ人々に消耗させられてしまうのではないか?と
大きなお世話ですが心配になるのです。

わたしは、やっぱり「銀座小悪魔日記」が好きで、
ほんとは「銀悪を復活してほしい!」と思っている人間で
そこには、まだ名の知られていない顔も割れてない蝶々さんが
あっちこっちを飛び回ってる、その元気さが好きなんですわ。
それが、なくなってしまうのはやっぱりさみしいなぁ、と。

いや、HN変えて日記書いてくださるなら
それもいいんですけどね(笑)。
ある女子のたわごと | permalink | comments(27) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

うたぎくさん。お帰りなさい。そして、嬉しいレポート有難うございます。
行ってないけど、雰囲気ちょこっと味わえた気分です。
蝶様、子猫みたいなの?165センチの身長と本で伺っていたから背が高くてかっこいい感じを思っていましたが。やはり、実物見てみたい。テレビも出るのぉ〜。東京在住なので見れるかしら?楽しみです。
うたぎくさんの分から、ものすごく楽しかった様子がすごい伺えてメッチャうらやましいですわ。隣の席、同じ空気を吸ってきたのね・・・。
私もうたぎくサン同様あまりテレビ露出とかはして欲しくないような気持ちがあります。
だって、顔がでちゃったらもう、活動できないじゃないですかね。
achaco | 2005/01/31 4:13 PM
こんばんは。

さっそくのトラバなので、蝶々さんのところから、飛んできました、ぶわさぶわさと。「ひらひら〜」じゃないところが私。

achacoさん、蝶々さんはTV出演はお気に召さないそうです。寧ろ、今回のフェスタの様に、

直に読者と触れ合いたい

そうですから、TV出演は余程の事でもない限り、ないとお考えになられた方が宜しいかと。

私もうたぎくさん御同様、「蝶々さん」が疲弊する事は、余計なお世話と知りつつも、望みませんわ。

ひらひら飛んではちょこっと止まり、手をのばそうとすればすいっと飛び去る、

その自由さが必要でしょうから。

因みに、私はサインをお願いしましたところ、「ぷ」の第一画目をお書きになられ、

「あ、本名が良かったわよね?」

…もはや私の本は誰にも貸せません。えーえー、貸さないどころか、

絶対見せませんとも。

では。


ぷうぴい | 2005/01/31 5:33 PM
わー、うたぎくさーん、流石!詳細かつウケポイント満載のレポートありがとうございます!

いやぁ、まず目の前に現れたのが絶対お会いしたかったうたぎくさんだったことにはびっくり!蝶高倍率のふぇす参加権ゲットに続き、蝶々さんやうたぎくさんとご一緒できる
テーブルを引き当てたくじ運には自分でも鳥肌ものです。

でも酔いが回って戻ってきた蝶々さんと酔いで緊張が解けた私達でもうちょっとお話したかったなぁ・・とも思いました。ほんと、私も初めの前菜なんて味わかりませんでした笑。

確かに各出版社の枠を超えて、編集者さん達が力を合わせて・・・ってすごいことだよねぇ。これも蝶々さんの魅力と人徳なのかな。

うたぎくさん、クールで鋭くかつユーモアに溢れた書評のイメージとリンクするような
クールな落ち着きと隠し切れない知的さが
溢れ出ている雰囲気でした。もっと色々お話したかったなぁ・・・。このブログをぱっと拝見しただけで、なんか勝手に共鳴するものがあったんです。まだどんどん、お邪魔させて頂きますね!

ぷうぴいさん!面白かったぁ!
ぷうぴいさんとももっとおしゃべりして
笑いたかった・・・また、是非。


透子 | 2005/01/31 9:25 PM
あ、書き忘れた。
あんなに酔っ払っていても、ちゃんと575
でサインを書く蝶々さんに、「微妙に575」と見せてくれるうたぎくさんにも大うけ。
透子 | 2005/01/31 9:30 PM
蝶々さんのトコから跳んできましたぁ(*^.^*)
面白い・・面白すぎです、うたぎくさん!文章が明快かつ起伏があって☆
あ、初めましてみゅーです。ほんとは蝶フェスに居たんですけど、私さっさか帰っちゃってお話とかはできず・・(;_;) Aのテーブルのマダムクロトの隣で、ぷうぴいさんの正面、で緊張のあまり泡吹いてたんです.。o○ほほ

蝶々姉様TVの件はうたぎくさんと同じ思いです。蝶フェスに当選して蝶々さんに会う機会はとってもレアだから、TV出て欲しい気持ちも解るけれども、御自分で「直接会いたい☆」って言ってくださる限りは、その機会を追いかけて行きたいなって

ちなみにサインは本名入れて下さったのですが、その間興奮して隣でぴょんぴょん跳ねてたので変な子と思われたわぁ、きっと(;´д`)トホホ
みゅー | 2005/02/01 2:05 AM
コメントありがとうございました♪

素敵な経験をされたみたいですね。


書店で「蝶々」の本を何冊か見ました。

ブログのタイトルと表現のパワフルさのギャップがまた素敵です♪

これからもよろしくお願いします。

bedohave | 2005/02/01 7:58 AM
いいな…いいな…。
楽しそうだな…。(って!お前!!のこのこ座銀まで、出てったやんけ!!!)

先日は少しの時間でしたが、とーっても楽しかったです!!もっとゆっくりお話したかったわ〜ん♪

楽しいレポートでした。さすがだ!うたちゃん!!

おっさん、メロメロだったよ…。
ぼん。@ヤサグレ | 2005/02/01 11:54 AM
みんなコメントありがとーう
ちょっと分断しちゃうけど、
また戻ってきてから書きます(仕事中←ヲイ

★achacoちゃん

そうなのー。並んだら姐さんの方が絶対大きいんやけどね。
ぱっと見、ちっちゃーいって思ったのよ。
なんでだろうね。骨格?
生で会える機会を狙うことをオススメしまっす。
百聞は一見に如かずって言うじゃなーい?
テレビで見てもそれは一見じゃないし(笑)

★ぷぴさん

ふぉろーさんくす♪

みんながもらったサインも見せてもらえばよかったなー(笑
そんなことがあったのねん。

うたぎく | 2005/02/01 12:40 PM
 はじめまして!蝶々さんのところからやってきました。蝶ふぇすお疲れさま&羨まし。私はビビッて応募すら出来なかったのですが。レポで楽しませて頂きました。なぜか生理が軽いのも、ここ2.3日の皆さんの蝶ふぇす女子力(この言葉好き)パワーが私の所まで飛んできたのだと思っております。
 ブログ全体を拝見しましたが、負け犬・引きこもり(仕事も自宅だ)本好き・蝶々好きにとっては、とってもツボなサイトで・・・。
 『負け犬の遠ぼえ』の評に感心しつつ、心の重心ととのえ、『二つの蜜月』では女の子はみんな蝶々さんに感情移入するものと思ってましたので目からウロコ、アマゾンでの評価の別れるのも多少納得。『男』では「私はいまでも6年前に別れた男の手を見たい」と思ってると、ちょっと読んで見る気になり、所々でいろいろ感じました。
 3月には京都へ行くのでホテルと新幹線と茶店で読む本を吟味中。うたぎくさんのブログ参考にさせて頂きます。ではでは。長々と失礼しました。
ポール | 2005/02/01 1:16 PM
コメレスの続きでござんす。

★透子さん

あなた、姐さんとあちきを並べちゃあいけないよ?(誰
ねー、始めなんて何喋っていいかわかんないよねー。

>クールで鋭くかつユーモアに溢れた書評のイメージとリンクするような
クールな落ち着きと隠し切れない知的さが
溢れ出ている雰囲気でした。

何を仰っているのデスか?あなたは(笑)
注がれるままにワインを飲み、最後の方にはナイフとフォークを持つ手すら怪しかったのに?

あー、みんなのサインも見せてもらえばよかったなー。
なんて書いてもらったのー??

★みゅーさん

初めまして♪コメントどうもありがとう〜
お話できなかったけど、みゅーさん、覚えてるよん。
「直接会える機会を追っかけていきたい」うん、まさしくそのとおり!
とーか言っちゃったら、また倍率あがるんだろね(笑)
また来てねーv

★bedohaveさん

こちらこそ初めまして。
内容がかぶるかよくわからないのですが
蝶々さんも、スピリチュアルなものに敏感で
ものすごいパワーを隠された女性です。
機会があったら、是非読んでみてください。
お褒めの言葉(?)ありがとうございます。
地味なんですよ、ほんとに。うふ。

★ぼーんちゃーん!

ほんとに短い時間だったけど
「やっと会えたね・・byぺ」よ!ぺの気持ちがわかるわ!(謎
新宿からはるばる来てくれてありがとーう。
今度はゆっくり会おうね!
・・・ぼんちゃん、帰り、ちゃんと帰れた??

★ポールさん

初めまして♪
びびって応募できなかった?
わたしも、最初、蝶々さんとこにコメント書くの、すっごいどきどきしたよう。
で、レスもらうと調子に乗るんだけど(笑
他のページも色々見て頂いて、どうもありがとう。
また、来てねー。
あ、京都にいらっしゃる?まああ。
うたぎく | 2005/02/01 6:13 PM
うたぎくさぁ〜ん♪
とってもテンポ良くって面白すぎ!!
すっ素晴らしいレポートですわ。

初書込みのanelaです。

私も皆さんとあんなに色々とお話させて頂いていたのですが・・・・
やっぱり緊張していたようで (・・*)ゞ
うたぎくさんのレポートをみて
「そうそう!!そんな事もあったな」と思い出せました。
ありがとうございまする。

2次会も豪華メンバーでかなり楽しいご様子。
くぅ〜私も予定がなければ参加したかった。
ぷうぴいさん、艶さん、えりきゅうさん
みんな参加されたのかしら??

また何かの機会に会えるかな?
会えたらいいな♪
と思ってます。

ところで「天天有のらーめん」気になってます。
anela | 2005/02/01 6:49 PM
う・た・ぎ・く・ちゃん♪
先日はどうもー、ありがとね。

おもしろーい、ここ!!
頭のいい人って好きだわー、拙者。
ちょっとずつ過去日記を制覇していく、これから。

ご近所だし(笑)今後ともよろしくー。
チーママ | 2005/02/02 12:52 AM
なんか出席された皆様のコメント読んでるだけで、ほんとーに楽しかったんだなぁって。みんなのワクワクドキドキした感じが伝わってきますぅ〜。
次回は、出席したいなぁ。と倍率上げる気満々です。
皆様にも会える機会でもあるわけだし。
百聞は一見にしかず・・・だもんね。本やテレビを通してじゃなくてねん!

話勝手に変わりますが、うたぎくさんのところでみて、買った「おおた うに」さんの本。超はまっちゃってます。もう、大変(^_-)-☆
achaco | 2005/02/02 10:43 AM
私のブログでもうたぐきさんのブログ、紹介させてくださいね。
論評、ほんとにいいもの♪
(私のブログは、日々の日記ですが・・)
achaco | 2005/02/02 10:46 AM
蝶々さんのHPからきました☆初めまして♪
うたぎくさんの論評おもしろくて、本買う時の参考にさせて頂きます!京都に住んではるんですね〜あたしは大阪ですが、大学がそちら方面なので、毎日行ってます!京都らぶ。
蝶ふぇす行かれたんですね☆うらやましい〜♪ほんま楽しそう!っていうのがひしひし伝わりました☆
ちえみ | 2005/02/02 11:44 AM
いやーん、コメントいっぱい!
ありがちゅん★

★anelaちゃん

いや、読んでわかるとおり、
何の話をしたかいまいち覚えてないんだけど(笑)
ちょこみんとちゃんとsonnyちゃんがマンガの話をしてたな、とか。
姐さんが「テレビに出るのどう思う〜?」って聞いてたな、とか・・・
あああ、バカなオイラ。もったいないことを。
2次会はね、えりきゅは参加できなかったのよん。
ぷぴさん、艶ちゃん、sonnyちゃん、ちょこみんとちゃん、
透子さんはいたかな。
あとは、名前がわからなかったの・・・。21歳女子大生がいたよ。

anelaちゃん、吉田秋生のマンガにでてくる女の子みたいだったよ。
「イブの娘」って知ってる?

★チーママ様〜

わぁ!ありがとうございます!
頭は・・・多分よくないです。文章見たらそのうち気づかれます(笑)
ご近所だし・・・ご近所だし・・・
チーママさんのオーラを胸いっぱいに吸い込もうと決意したわたくし。
また、遊びにいきまっす。

★achacoちゃん

・・・で、そのプログってどこよ?(爆

★ちえみさん

初めまして♪コメントありがとう。
参考・・・になるかはどうかわからないわよー。
偏ってるからねー(涙
わたしと逆ね。わたしは、京都から大阪に通ってるのー
うたぎく | 2005/02/02 3:13 PM
わ☆蝶フェスのねえさま達がいっぱいいる。うたちゅんいきなり忙しそう。笑

また遊びに来るぁー。
とりあえず混ざっときたかった。照
えりきぅ | 2005/02/02 5:25 PM
えりきゅん

ねー、みんな見てくださっておいらびっくり!笑
祭りだな、これは。うふふ。
うたきぅ | 2005/02/02 7:23 PM
はじめまして。。
楽しく読ませていただいたので、無言で立ち去るわけいかず、一言お礼を。
蝶々さんHPのトラックバックより飛んできたあきほと申します。
もうひとりのお方のTBと同様、なんとも素敵なレポです〜!!
蝶さまサインまで拝見させていただき、ありがたやーーー。拝ませていただきますわん。

素敵な都に住んでらしゃる〜。
大好き都なので。うふっ。
夏は・・盆地きついですよね。

あきほ | 2005/02/02 9:31 PM
うたぎくさんの今月買うたものーの鬼嫁日記。。
類が同じようで・・や、やや、鬼嫁とは言われてませんが、母親業は別として、嫁業は子鬼くらい?と自覚してますので・・。
気になり明日さっそく本屋へ。楽しみ〜。
本の紹介、参考になりましたので、ありがとうございますって言いたいあきほより。。
続、あきほ | 2005/02/02 10:15 PM
うたぎくさん。

あ、の…。私は確かに字がヘタですが、
しらふの時はもうちょっと…
次回挽回!(させて!)575もキメてみせる。←?
蝶々 | 2005/02/03 1:20 AM
蝶さんだ☆
次回は、お目にかかりたいです〜。

>うたぎくさん。
トラックバックしようとしたら、出来んかって・・・。私のブログのお気に入りにリンクさせてもらいまする。うたぎくブログ、お勧め中。
achaco | 2005/02/03 9:24 AM
★あきほさん

初めまして♪
あら、艶ちゃんのもご覧になったのね。
艶ちゃんはほんと文章うまいからなぁ。
お、鬼嫁なの・・・?
いや、あの本の鬼嫁はすごいよ?
京都は夏もつらいですが
冬もひどいです。底冷え〜。
ここ2〜3日は雪も積もったので泣きそうです

★ね、姐さん!!

有難き幸せ!
1回会ってしまったら(?)
次も当然あるものと思ってしまう
態度Lのオイラを許して・・・笑
あの、連載のお話、
わたし後ろからおっかけますからね〜♪

★achacoちゃん

TB来てるよん。
つーか、なんだあれー。
誉めすぎじゃーん。照れ照れ。
うたぎく | 2005/02/03 11:29 AM
うたぎくちゃん☆

こちらのBlogも豪華キャスト目白押しだわね。
蝶さまもチーママさんもいらしてたみたいだし♪

吉田秋生のマンガ早速チェックしてみますわぁ〜
anela | 2005/02/03 7:09 PM
anelaちゃん★←星は常に黒い・・

こ、これは祭りよ・・・。
蝶様プログも日々すごいことに。笑

吉田秋生、うん、チェックしてみて♪
うたぎく | 2005/02/04 10:15 AM
うたぎくさん

こんにちは。なんかすごいことがあったようで(作家さんにお会いになった?)、その興奮がなぜか僕にも伝わってきました。
すいません、全く関係ないのにコメントしちゃって・・・。なんかちょっとこの流れにのっかりたくなって・・

hayate | 2005/02/06 11:27 AM
hayateさん♪

笑。
でしょ?自分が一番驚いてるんだもん。
いや、祭りに乗っかってもらってありがとです。
そう、作家さんに会いに行ったんです。
今、本屋を彩る小悪魔本の作者、蝶々さんに!

うたぎく | 2005/02/06 5:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/188
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/05/20 11:15 AM
BlogPeople
■古本市場■