地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 棉棉:上海キャンディ | main | 松本清張:点と線 >>

田口ランディ:昨晩お会いしましょう

昨晩お会いしましょう
田口 ランディ

幻冬舎 2005-02

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



田口ランディの本は
「コンセント」(オチに笑い転げた)と
何冊かのエッセイしか読んだことなかったんだけど。
なんかさー、セックスとか愛欲とかそういうのに塗れた人って
なんでみんなスピリチュアル★な方向に行くのかねぇ?と思う
所謂観察対象であったわけです。

で、この本。
…やるじゃん。
かなり面白かった。
最初の話は
不倫相手に誕生日すっぽかされた少女の話
二つ目は、セックス依存症の女の子の話。
三つ目は、ちょっぴりSっけのある産婦人科医の話。
四つ目は、男に振られて少し壊れちゃった女の子の話。

1話目はこれでもかというセックスシーンにちょっとひくけど
特に2・3・4が良かった。
4話目なんてうっすら涙出たもん。

きれいな姉と比べられてさ、ずーっと「私なんか」って思ってた
女の子に現れた彼氏。
「お前、結構いいじゃん」
そう言われて、初めて、自分でいいんだって思った。
なのに、その彼氏に振られた。
新しい彼女はきれいな姉に似ている女の子。
その時、彼女の存在意義は彼女の心の中で壊れてしまったんだ。
うえー(号泣)

当たり前なんだけど、
もてる子や所謂小悪魔?みたいな子っていうのは
感情の出し方が上手いんだと思う。
相手が求めてるときに無意識にそれを出せる能力。
だけどそうできない子もいて。
どこで感情を出したらいいのかわからない。
時には相手に丸め込まれたり、タイミングが合わなかったり
表現手段がわからなかったり、言葉に詰まったり。
そうこうしているうちにいびつな形に詰まっていく。
そして、ちょっとした出来事によって
そのいびつな自分に気がつく。

まぁだからっつってセックス依存症とか
爛れた生活が・・というのを肯定する気もないけどさ(否定もせんが)。
長編より、このくらいの長さの本の方が
きゅっと詰まった分、
悲しさがダイレクトだ。
帯に「好きな人が目の前にいる。それは奇跡みたいな瞬間」ってあるけど
この本に出てくる人達は
それを本当に「奇跡」だと思える人達だと思う。
何故なら、彼女達の前には、「好きな人」が未だ見えないから。


ブログランキング
クリックお願いします★
作家別「た」行 | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

『なんかさー、セックスとか愛欲とかそういうのに塗れた人ってなんでみんなスピリチュアル★な方向に行くのかねぇ?』

そういわれてみれば、ほんとだ!不思議だね?よくは知らないけど田口ランディって一時期セックスに溺れたような時期があったんだったっけ。

『もてる子や所謂小悪魔?みたいな子っていうのは感情の出し方が上手いんだと思う。
相手が求めてるときに無意識にそれを出せる能力。だけどそうできない子もいて。。。。』

うん、これすごく納得!
このあとに続く「そうできない、いびつな子」がまさに私だなぁ。こういうこと、もっと若い時期に認識したかった・・(笑)。
まぁ、でも頭で解っていてもそうそう簡単に人間変われないような気がするけど。(←このマイナス思考さが小悪魔じゃない笑)
透子 | 2005/03/01 8:19 PM
★透子さん★

ランディのことはよくわかんないけど
あんだけ本でセックスまみれ(笑)なこと
書いてるんだから多分そうでしょー。
違ったら驚く。
太陽が黄色く見えたら
何か別のもんも見えるのかしら・・・(違)
ちょっと違うけど寂聴さんも
出家したもんなぁ。
スピリチュアル★なものを
感じる能力が全くないわたしにはわからない・・・

透子さん・・・大丈夫よ・・・
あなたもう人妻になれたんだし・・・。
ま、人間なんてそう簡単には変われないよなぁ

うたぎく@花粉まみれ | 2005/03/03 9:54 AM
面白そう。最近、面白い本に出会えないのよ〜ん(涙)今度買おう。(給料出たら…)

私、前に「いいよ、そのままで」って言われて、泣いたわ…(恥)嬉しいのよね、こうゆう言葉ってさ(ははははは)
ぼん。@激貧 | 2005/03/04 12:19 AM
ぼんちゃん★

いいよー。これ、かなりお勧め。
で、何がおもしろくなかった?(参考に

「いいよ、そのままで」
なんて素敵な言葉!いわれたい!
それは対自分で、人の言葉じゃないとダメだよねぇ。
活字とかで書かれててもな。
いやーん、そんなこと言われたのーん?


うたぎく@鼻水ずびずば | 2005/03/04 12:53 PM
はじめまして。

>まぁだからっつってセックス依存症とか
>爛れた生活が・・というのを肯定する気もな>いけどさ(否定もせんが)。

私は否定しますね(あくまで個人的に)。そんな生活に幸せがあるとは思えませんから。
でも、小説の中での話しなので良しとしますか(笑)
T-Takeda | 2005/03/04 7:04 PM
読んだ!!濃いねぇ!色々と…。

面白くなかったのはね。
「レイクサイド」(東野けいご)これねぇ。オチがいまいちだった。
山田ゆうすけ全般。これもオチが…「またか〜い!!」って叫びたくなるのよ。
ミステリーが好きだから、オチがいまいちだと、ガックリしてしまうのね。
ぼん。 | 2005/03/05 12:22 AM
おもしろそう。
読んでみたくなった。

田口ランディもそうだけど、
そういうスピリチュアル(?)的世界を見てる人の話って、
自分が感化されるどうこうなしで
圧倒される。深さに(笑)

マキロン | 2005/03/05 3:19 AM
◆はじめましてT-Takedaさん

わたしが否定しないのは他人事だからです。笑。
それに「依存症」というものがどんな形で出てくるのかって
誰にもわかんないことだからねぇ。
でも、男はならなかったりするのかなぁ。
女の話は(小説だけど)よく見るが、男のは見たことないな。
不思議ねぇ…。
また来てくださいねーv

◆ぼんちゃん

給料出たのねv
濃いでしょ?特に最初が。
ぼんちゃん、ミステリを読むのねー。
山田ゆうすけって、あのタイトルがやたら怖い人やね。
「リアル鬼ごっこ」とかタイトル見ただけで息切れが…笑。
読んだことないんだけどさ。
じゃあ、1冊読んでみようかなー。

◆まきちゃん

そう!なんかそこにたどり着くまでに
すごい山谷を乗り越えてきたんかいな?と思ってしまう。
そうして、そういう世界に行った人の話を
「あー、おもしろかった」でさくりと流してしまう読書…笑。
うたぎく | 2005/03/05 2:14 PM
そうそう給料出た。
じゃ無くて、「リアル鬼ごっこ」の人。これはまだマシかな??内容は怖くはないと思う。「バトルロワイヤル」みたいな感じかな?

しかし、「コンセント」も読んだが、私もオチは笑った。何だあれ???
ぼん。@仕事しながら小説一冊読破する女 | 2005/03/05 11:11 PM
鼻詰まってて味わかんね。笑。

「バトルロアイヤル」かぁ。
あれ、怖いっつーかなんつーかすごい本だったねぇ。

コンセントのあと、「アンテナ」だったでしょ。
もうベタだよね。笑。
「モザイク」は読んでないんだけど。
もう、タイトルが…
うたぎく@今日はみるく餅。 | 2005/03/06 2:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/213
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■