地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 司馬遼太郎:峠 | main | ぎゃ。 >>

伊丹十三:女たちよ!

女たちよ!
伊丹 十三

新潮社 2005-03


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今は亡き、スノビズム

スノッブ:‐緡気取りの俗物
     教養などを鼻にかける人

ちょっと昔のエッセイなんかを読むと
彼らにはそれぞれの美学があることに気づく。
その文章で、日本人を、導こうとした。
例えば女性だったら、森瑶子。安井かずみ。
男性だったら山口瞳に、そしてこの伊丹十三。
今は皆、もういない。


え?伊丹十三って映画監督じゃないの?
いや、もちろん最後はそうだったんだけど
昔は俳優であり、エッセイストであり、翻訳家でもあった。
ヨーロッパ仕込みのセンスと洒脱な語り口調。

最初に読んだのは10年くらい前で
そのあとすぐに彼はこの世から消えたけれども
内容は全くさびない。

内容はばらばらの思いつきのような文章。
スパゲティの作り方や、車の話。
お洒落の話に男女の話。
二日酔いの時に食べるべきモノなど。
それらをユーモアを交えて書かれている。

あぁ!もし今彼が生きていていたら。
ヒギンズ教授よろしく、女の子たちを導いてくれるのに。
そして男の子達をも導いてくれるのに。
読むたびに舌打ちしそうになる。

いまでは、まるで即効性を求めているような書店の本達。
もちろん、この本に書かれていることだって
すぐに使えそうなものもあるし
そりゃああんた庶民には無理だよ、と思うこともある。
だけど、本当に役にたたねえ!けど「知っている」ってだけで
ふと頬が緩むような知識だってあるはずだ。
世界一のマッチの話なんて、わたしが知ったところで
どうしようもないもん。笑。
だけど、まだ10代だったわたしは、
この本で、大人の世界をのぞいたような気になったもんだ。
憧れるべき大人の姿。
そこにはきちんと「子供はお断り」の世界があって
その世界に入りたくて、背伸びをする子供達。
子供が決して持つことができないもの。

今、果たしてそういうもんがあるんだろうか。
わたしはかつて望んだ形ではないにしろ(泣)
既に大人な年齢なので、わからないけれど。
それは、「成功」とかそういうものではなくて
もっと漠然としたもんなんだけど。

だから今、この本が新たに文庫として
新刊として本屋に並んでいるのがうれしいのです。
ちょっと教えたくなかったりもしたけどさ。

ブログランキング
クリックお願いします★
作家別「あ」行 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コバワ☆

クリックしといたぞ。あきらめずファイトじゃ!!( `・ω・´) シャキーン
T-Takeda | 2005/03/19 7:54 PM
わたしも好きよー。かなり影響されたわ・・・。
もっと書いたものを読みたかったなぁ・・・。

「血脈」上を読み終わったよ!明日図書館に行って続きを借りてくるつもりだけど
うまくあるかどうか心配・・・。
かっこー | 2005/03/19 9:48 PM
うわぁ、これは読んでみたい!
物書き伊丹十三を知らない私。
「ちょっと教えたくなかったりするけど」っていう言葉にも弱いです(笑)。←単純

「成功」とかじゃなくてもっと漠然としたもの・・うん、その深いものに惹かれるよね。
透子 | 2005/03/20 4:28 PM
◆T-Takedaさん

うふ。ありがとうございまする。
そんなTakedaさんは大きいとこにいけたじゃないですかー。
パチパチ。
あ、リンクありがとうございます。

◆かっこーさん

ねー。もっと読みたかった。
そして、過去の本も絶版になってるのもあります?
手元に5冊くらいしかないのです。
一気に再版してくれるといいのに。
売れ筋3冊ってかんじ?
血脈、感想楽しみにしてますー

◆透子さん

オススメですよ!
今、新刊のところに並んでますよ!
ちょっと昔の大人な男ってかんじで
すごく良いのですわ・・・うふふ


うたぎく | 2005/03/22 7:48 PM
こんばんは&はじめまして♪
(実は以前からたまに覗かせていただいてました(^^;
伊丹さんはてっきり映画界の方かと思っていたら、
こんなおもしろそうな本を出してたのですねー!!
>今、果たしてそういうもんがあるんだろうか
この記事見てると伊丹さんって「粋な遊び」を知っている人、
という感じがします。現代では、こんな大人も
少なくなってきてる気がしますね・・・。
マーヤー | 2005/03/23 11:50 PM
◆マーヤーさん

初めまして★
コメントありがとうございます〜

>伊丹さんって「粋な遊び」を知っている人、

あぁそうそう!そんなかんじ。
そして子供なわたし達はそれに憧れるんだ。

そういうかんじで憧れる対象って
今、いねえなーと思ってね。
「社長!」とか「金持ち!」とか
「MMK!」とか結構即物的だなぁと。
逆に「遊び」というと和モノに走ったり。

また遊びに来て下さいねー

うたぎく | 2005/03/24 10:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/222
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■