地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 瀬戸内晴美編:恋と芸術への情念―人物近代女性史 | main | スマン >>

瀬戸内晴美:人類愛に捧げる生涯―人物近代女性史

人類愛に捧げる生涯―人物近代女性史
4061845012瀬戸内 晴美


Amazonで詳しく見る by G-Tools


で、引き続きましてこの本。

ここに出てくるのは
◆九条武子
◆出口ナオ
◆バチェラー・八重子
◆小川正子
◆長谷川テル
◆沢田美喜

の6人。
他の本と比べて、この6人の生き方というのには
結構賛否両論あるんじゃないかなぁと思う。
これは何が正義か?という問題のような気もするし…
九条武子は、本願寺の娘として、
華やかな話題に取り巻かれながらも
(柳原白蓮とも仲良しだったし)
仏教思想と、未来の仏教を思いながら
スラム街を歩き、貧民救済に明け暮れた人。

出口ナオは「大本教」という宗教の創始者。
京都の山奥の村で、貧乏や男の身勝手さやらの原因で苦しみながら
突然、神の声を耳にする。
それを文字も書けなかったはすが、乗り移ったのか
紙に神の言葉を綴りだす。それは、世の中を騒がせてしまうものや
後世になってから「予言?」となったものも多い。
よって、当時は弾圧につぐ弾圧。様々な事件にもなったらしい。
あの「生長の家」なんかもここから出たらしい。

バチェラー・八重子はアイヌの娘。
イギリスから伝導に来ていたバチェラー夫妻の養女となり
アイヌのための詩を書きつづける。
アイヌ問題というのをあんまり知らなかったんだけど
そもそも松前藩が言葉も文化も通じないアイヌ相手に
むちゃくちゃな商売をしてたんだね。
そこでアイヌが抵抗したら、武力で脅す。
そして更に不利な取引を…ということが続いたらしい。
もちろんそこには差別も弾圧もあっただろう。
アイヌの大富豪だった八重子の家もそういう理由で没落していく。
北海道の人里離れた地から、八重子は東京に出て
アイヌについて語りつづけた。

小川正子は、戦前、ハンセン病についての当時あった誤解や偏見
(遺伝病?とかそういう誤解)をなくし、
しかるべき治療をさせるために飛び回った。
若くして亡くなった彼女の物語は、映画化され(「小島の春」)
たくさんの人々を感動させた(らしい)。

長谷川テルは、戦前に中国に飛び、
日本に支配されようとしていた中国で、反日運動を起こした。

そして沢田美喜は、渋沢栄一の孫として、
たくさんの富をバックに豪奢な生活をしていたけれども
第二次大戦後、日本にたくさん生まれ、そして捨てられていた
混血児のための孤児院を作り、
2000人もの子供を育てた。

色々考えの違いもあるんだろうけど、
彼女達は、それぞれ自分の中の正義に基づいて動いた人々だ。
そこにはものすごい偏見の目や弾圧があったろう。
(九条武子はちょっと違うけど…)
沢田美喜がやったことなんかは、素晴らしいことだと思うんだけど
当時は、孤児院をたてようとした土地の人々から猛反対されたり
混血児を集めて反米をあおっていると言われたり。

結局誰も助けてくれなかったりする中で、
自分の信じるものの為に走り抜けた女性達の生き方は
今の日本に一番足りないものなのかもしれないねぇ。

ブログランキング
クリックお願いします★

瀬戸内寂聴(晴美) | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

大学受験の予備校で現代文のカリスマ講師をしている出口汪が、出口ナオの孫じゃなかったなか?
ロジカルシンキングについての本も何冊か出版していて、僕も読んだことがある。なかなかおもしろい内容だったけど、「ストックノート」を作成しろっていうのは、いただけなかった。
面倒くさくて、そんなのやってられないよ(-_-;)
デミアン | 2005/05/12 10:37 PM
デミアンさん

ほほーう?そうなんや。
そういうカリスマ講師!とかいうのを
さっぱり知らない田舎の子なのだが。
というか、デミアンさんが
本の内容に触れるコメントを!笑
うたぎく | 2005/05/12 10:54 PM
すまぬ・・・(-_-;)

長文は苦手なんだよね。
歳を重ねるごとに、難しい文章をじっくり読む気力がわかなくなってきておるのじゃ。
デミアン | 2005/05/12 11:52 PM
デミアンさん

いいえー。
最近、コメントすらも長くなってきた。
繰言…笑
うたぎく | 2005/05/13 11:02 PM
わたしもこのシリーズ、好き。
こつこつ読みまして、持ってるのは
「恋と芸術への・・・」かな。
どれもなかなか力がこまっている文章で(いい場合と疲れるのと両方ある)読み応えあるよね。
もっと詳しく知りたくなったりします。
かっこー | 2005/05/13 11:42 PM
報告

2の効果が減少してまいりました(T_T)
まあ、元から効果があったのかなんてわかりませんけどね。
デミアン | 2005/05/14 9:54 AM
◆かっこーさん

図書館に行ったら全部そろってるかなぁ…
このシリーズは、知らない人でも
おおかた人生の概要がわかるところが
とっても良いと思うの。
他のだと、端折りすぎてたりして
わかりにくいのもあるもんね…。

あと5冊!(多っ)

◆デミアンさん

ま、そんなもんだ。笑

うたぎく@遊びすぎてへろへろ… | 2005/05/15 10:49 PM
再び報告

2の効果が復活しますた!異様にアクセスが増加しとりまふ。
さらに、アクセス数は増えているのに、「人気ブログランキング」の順位はドンドン落ちてきたぞ(-_-;)
理屈から考えれば、おかしな現象だよな〜。
デミアン | 2005/05/17 10:11 PM
再び報告

2の効果が復活しますた!異様にアクセスが増加しとりまふ。
さらに、アクセス数は増えているのに、「人気ブログランキング」の順位はドンドン落ちてきたぞ(-_-;)
理屈から考えれば、おかしな現象だよな〜。
デミアン | 2005/05/17 10:13 PM
でみあんさん

だってプログランキングは押してもらわないと
得票にならないでしょう?
見にきてくれた人が必ず押すかと思うと…略

README!みたいなシステムだったらいいんだけどね。
README!はプログには対応してないのかな。
うたぎく | 2005/05/20 5:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/239
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■