地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 司馬遼太郎:新撰組血風録 | main | 司馬遼太郎:十一番目の志士 >>

ジュンパ・ラヒリ:停電の夜に

4102142118停電の夜に
ジュンパ ラヒリ

新潮社 2003-02


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「セクシーってどういう意味?」
「知らない人を好きになること」
ぐっときたんですよ。(細川中佐のように)

ほな、今まで散々読んできた本はあんた何よ?と
思うかもしれないけどさ。
いや、そもそも海外文学なんてほとんど読まないし
しかもインド人が書いたのなんて初めてだしさ。
そして恋愛小説でも歴史小説でもないんだもん。

だけどぐっときたんですよ。(細川以下略

ひとつひとつの話は、淡々と流れる。
ちょっとしたエピソードの中で、少ない登場人物の感情が揺れる。
それが、インド人の耳慣れない名前や単語、風習の中で
甘くてそれでいてぴりっとするスパイスのように。
良い匂いのする粉や、大理石や絹の手触りのように。
そして、現代よりちょっと古い、親や祖父母の頃の物語が
綿密な文章で織り上げられる。

で、あちこちに現れる、ぐっとくる(細川略)表現。

「いま三十三歳。あんな女には絶対ならないと言っていた
 そんな女になってきた(停電の夜に)」

「このとき初めて、はるかに遠い人を思うということを知った
 (ピルサダさんが食事に来た頃)」

「結果から言えば、私は普通のことをしたまでだ。
 それでも、これだけの距離を旅して、これだけ何度も食事をして
 これだけの人を知って、これだけの部屋に寝泊りしたという
 その一歩づつの行程に、自分でも首をひねりたくなることがある。
 どれだけ普通に見えようと、私自身の想像を絶すると思うことがある
 (三度目で最後の大陸)」
 



インドという国にはわたしは行ったことがないし、
インド人という人種に接したことも1〜2回くらいしかない。
(カレー屋の人は除く。笑)
だから映画で見ても、どこか遠い国の世界であり
テレビの映像でもあんまり見ることがない。
だから、インドの人々が国を出てあちこちの国で働いていたり
そこにコミュニティが存在して、
サリーも着ず、普通のデスクワークをしている
そういうひとつひとつが物珍しくもあった。
当たり前といえば当たり前なんだけどねぇ。


ブログランキング
クリックお願いします★

海外の小説 | permalink | comments(12) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

セクシーになりたいのですか?(・o・)
デミアン | 2005/05/25 11:00 AM
そらオンナですものー
うたぎく | 2005/05/25 1:04 PM
でも「知らない人を好きになること」って何かな〜?
もしかして、出会い系とか。。。
デミアン | 2005/05/25 6:20 PM
笑。
本の中に出てきた台詞だよ。
薄いグレーの部分は引用だからね。
うたぎく | 2005/05/25 9:07 PM
こんばんは^^
インドの人って今IT関係のエリートが多いですよね、ウチの近くのインドから来た人は医師で子供の教育のために来てました。
あと、インドと言えば、「ベッカムに恋して」という映画を思い出します。伝統的なインドと最近のインドの若者の両方が描いてあってストーリーもおもしろかったです♪
私も一生に一度は行ってみたいです♪
yuri | 2005/05/25 11:24 PM
すみません、何回も、
あの〜よくお邪魔してるので「よくお邪魔してるブログ」に記載しました。
ご迷惑でしたら言ってくださいね〜^^
yuri | 2005/05/26 12:06 AM
>薄いグレーの部分は引用だからね。
わかっとりますだな。

ところで、今朝の話。
僕「セクシーの意味知ってる?」
妻「は?」
僕「セクシーとは、”知らない人を好きになること”だよ」
妻「またあの変な哲学の本(←僕のブログを見ればわかる)読んだんでしょ?!」
僕「いや。違うよ」
妻「もう、哲学の本読むの禁止!」





違うって言ってるのになー(-_-;)
デミアン | 2005/05/26 9:27 AM
☆訂正
わかっとりますだな。→わかっとりますがな。
デミアン | 2005/05/26 9:29 AM
◆yuriさん

yuriさん、どこ住んでんの…?
フランス帰りのマダームがいたり
インド人がいたりー。
ノラ・ジョーンズもインド系なんだよね。
わたし、インド映画って
踊るマハラジャとかスーパースターとか。
あとなんだっけ、カタカナ4文字くらいの…

あ、リンクありがとうございます★

◆でみあんさん

ま、まじっすか。朝っぱらからそんな会話…
妻も驚くわ、そりゃ。ガクブル

この言葉の意味は、第三者が絡むわけなんだけど
うーん、うまく言えないなぁ。
一問一答というわけじゃないんだから。笑





うたぎく | 2005/05/26 10:31 PM
インドにはいったことないけど、アラブ首長国連邦にはいったことあります。(全然違うかな?インドとは)
ともかく、すべてに感動しました。
一番は、砂漠。
なかなか手に取る機会のインド作者の本。
うたぎくさんの感想読んでて作風が江国香織的な感じがしました。
しずかにじっくり読んでみたい感じがする。
achaco | 2005/05/27 11:38 AM
achacoちゃん

な、なぜにアラブ!?
イスラム圏といえば、マレーシアには行ったことあるんだけどさ、
あの、スカーフを頭にかぶった人たちが
普通にパソコンやってるのを見ると
しみじみ衝撃だったわー。笑
いいな、砂漠。
わたし、鳥取砂丘しか見たことない…
うたぎく | 2005/05/29 10:51 PM
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora
http://www.kd10-shoes.us.com/ nike kd
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry shoes
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ fenty puma slides
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas yeezy boost 350 v2
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade crossbody
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike vapormax
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ ultra boost uncaged
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock clearance
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 11
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 10
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sale
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max thea
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ christian louboutin mens sneakers
http://www.jordan11spacejams.us.com/ new jordans
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora rings
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy shoes
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin bag
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost 750
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 3 shoes
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air vapormax
ドリフトliuyuzhen
pandora jewelry | 2018/04/07 6:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/242
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■