地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ジュンパ・ラヒリ:停電の夜に | main | 瀬戸内晴美:美女伝 >>

司馬遼太郎:十一番目の志士

十一番目の志士 (上)
4167105020司馬 遼太郎

stars

Amazonで詳しく見る by G-Tools



大いなるひっかけ問題です。
宮本武蔵の流れを汲む、剣の天才天堂晋介。
ふとしたことで、高杉晋作と出会い、
彼の指示のもと、幕末の世界に踊り出る。
坂本竜馬や勝海舟、桂小五郎に伊藤博文や井上馨。
西郷隆盛、新撰組など、歴史を彩る人々と絡みながらも
彼の名前は歴史の中心に出てくることはない。
闇に現われて、多くの人々を殺す。

というわけでオールスター総登場みたいなこの小説。
しかも晋介の出身は大村益次郎と同じ村。
また格好いいんだわ。これが。

で、特筆すべきが、土方・近藤の取り扱い。
特に、晋介を狙い続ける土方のキャラは
まるで「燃えよ剣」とは違う。
陰湿で、緻密な計画。ねっとりと命を狙い続ける。
まぁ本来の新撰組の性格としてはこっちの方が正しいのかもしれない。
密偵を放つ暗殺集団だしね。
そして近藤も、剣のすごく強い人らしく現われる。

で、他の人々は他の小説に出てくるようなキャラクターで現われる。
やっぱ司馬さん、高杉晋作好きなんじゃないのー?
こんなに多くの分量を割いて他の小説に出てくるのも珍しい。

この小説は実は解説まで読んで初めてオチがつくという
ものすごい小説なのよ。
ハードカヴァのときはどうだったんだろう。
そして十一番目、ということは十番までは誰なんだ?
十一番目はサポーターのみなさんです!とかそういうんじゃないよね?笑

<おまけ>
小説の中で
近藤勇と天堂晋介が戦った錦帯橋。
ここから晋介は川に飛び込むんだけど、
きれいなんだわ、この川がさぁ。




そして



高杉晋作。すまん。何かに成り代わって謝っとく。

ブログランキング
クリックお願いします★



十一番目の志士 (下)
4167105039司馬 遼太郎


Amazonで詳しく見る by G-Tools

司馬遼太郎 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

錦帯橋、初めて見ました。
きれいなんですね、水。

あっ、私の家はinternational schoolとか大学が近くで留学生がいたり、何回か
家にホームステイを受け入れたりしてるの。
だからかも、まわりに多いのは。

昔の人は魅力的な人が多ですね♪



yuri | 2005/05/27 7:22 PM
またスパムしに来ました(^_^)v

司馬遼太郎?・・・・読んだことないよ(-_-;)
デミアン | 2005/05/28 12:10 PM
yuriさん

ほーむすていをうけいれる…
yuriさん、なんかすごいよね
もとすっちーだし。
えいごもしゃべれそう。(なぜかひらがな)

デミアンさん

読めよ。笑
うたぎく | 2005/05/29 10:54 PM
思わずコメントしちゃいました!
はじめまして♪

私も司馬遼太郎さん好きです!
11番目の志士も夏休みの読書感想文で書くつもりです。

これからも更新頑張ってください、では。
ユハ | 2009/08/11 11:08 PM
■ユハ様

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ございません。

夏休みの読書感想文…(遠い目)
私は、今でこそ、こういう形で感想文なぞ書いていますが、
学生当時、何について書いたかなんて
1冊くらいしか記憶に残ってません。
(しかも、小学校1年のとき)
ましてや、感想文コンクールで賞なんて
とったこともございません…。
(今はあるかどうかわかりませんが、昔は「推薦図書」という何冊かの中から選んで書かなければなりませんでした…)

しかし、読書感想文の題材に司馬遼太郎なんて
しぶい子だぁ。
うたぎく | 2009/11/28 9:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/243
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/07/26 4:50 PM
BlogPeople
■古本市場■