地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「猟奇的な彼女」 | main | 「純愛中毒」 >>

司馬遼太郎:酔って候

4167663104酔って候<新装版>
司馬 遼太郎

文藝春秋 2003-10-11

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


四人の賢侯を軸に幕末を描く短篇集
佐幕と勤王に揺れる土佐藩・山内容堂。維新を望まなかった薩摩藩・島津久光。倒幕に加わらなかった佐賀藩・鍋島閑叟ら四人の苦悩を描く



ほんまの「殿様育ち」というのがよーくわかった。笑

その人間の資質にもよるけど、育ち方ってすごいよね。
まー、最近しみじみ思うんだけど。笑
人ってほんと生まれと育ちだよなぁ。
そこにはどんな努力も才能も(?)太刀打ちできない。

まぁその最たるもんが殿様商売なんだろうなぁ。
しかも時は幕末という乱世。
太平の世なら、後継ぎぽこぽこ作って、
あとはぼーっとしてりゃ良かったんだけど。
そうもいかない世の中になりつつあった。
そしてまたうまいこと、才覚のあった人間が殿様になり
また、そういう藩主をもった藩から次々と志士が飛び出した。
…不思議ねぇ。

自分に逆らうものは切れるし、
自藩の中では何もかもを思う通りにすることができる。
そして、自藩の中では自分よりも偉い人間はいない、という生活。
慶喜のときも書いてあったけど
どんなに優れた資質のある殿様でも
どっか欠けてる部分があるんだろう。
他人の感情に対する配慮かもしれないし
自分の周りの世界しか知らないところかもしれない。

土佐の山内容堂と、肥前の鍋島かんそう
このふたりはよく似てる。
自分の才知を頼んで、
藩の頭脳は自分だけでいい!と思っているところなんか。
ただ引き際が、かんそうの方が上手かなぁと思うけど。
容堂が自藩の武市半平太を殺し、
明治維新の立役者だった竜馬を最後まで知らんぷりしてたのに
かんそうは、江藤新平をちゃんと使えたところ。
容堂は結局自分の考えと感情が別々の方向に行っちゃって
酒ばっかり飲んでしまったのに対し、
かんそうは秘密にお金を蓄えて洋式の軍備を
ちゃっかり揃えてしまい、
全くそれまで幕末の動乱に参加しなかったのに
ふっと参加して、薩長土「肥」としたところなんか鮮やかで素敵。

島津久光は、なんかかわいそうとしか思えない。
先代の斉彬がびしっとしてたから。
結局踊らされてただけなんだなぁと思うけど、
ここでまぁ踊れただけ、マシだったのかもしれない。
下手に頑固だったら手もつけられなかっただろうし。笑

宇和島の伊達宗城は、あの大村益次郎を他藩ながら発掘した人だ。
そして、見たこともない軍艦を、何も資料もないままに
作らせた人だ。
実際作ったのはもちろん彼じゃないけど
作ろう!と思いつけるのもまぁ才能だよなぁと思った。
ま、作れ!って命令したらできるもんだと思ってんのが
こりゃすごいけれども。
作らせたのは大村益次郎と、嘉蔵という超貧民だった手先器用の男。
嘉蔵が留学先の長崎で身分低すぎるためにどんな扱い受けてるとか
全く知らない。知る必要もないのか。
殿様ってのはそういうもんであるべきなのかもしれない。

個人的には松平春嶽についてもちょっと知りたかったなぁ。
竜馬がゆく」のとき、いい味出してたものー。


ブログランキング
クリックお願いします★
司馬遼太郎 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

この人の短編はあまり読んでいないけれど、これは面白かった。
また、うたぎくさんの紹介文がいい。
こういったそこそこ偉大な人たちを「育ち」ということで括ってしまうところが、あきれる程新鮮です。
なるほど、と納得いたします。
jun | 2008/08/14 11:03 PM
■junさん

やだなぁ何もでませんよう〜

お殿様っていうのは、やっぱりそこで受けれる最高の教育を受け、物事の裁量権を一番持ってる人でもあるから、そのあたりの自信の持ち方っていうのが、いわゆる帝王学なのかもしれませんよね。
もちろん、いい殿様は、多くの意見を募集するんだろうけど、気に入らない意見は排除できるわけですし、受け入れたところで、「俺が受け入れてやったんだ」という感覚もあるし。

幕末になって、よその藩が何やってるって情報が入ってくるようになって
しかも、そこに乗り遅れたくない性格の人もいたでしょうし
それまでの殿様とは違って、手腕を問われちゃうってのも結構しんどかっただろうなぁと思うのですよ
うたぎく | 2008/08/15 12:15 PM
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas boost
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost women
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 5
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 3
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 5
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sale
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora rings
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max 2016
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes bag
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max thea
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy shoes
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop uk
http://www.airmax90shoes.us.com/ air max
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ rihanna fenty puma
http://www.kyrie-4.us.com/ nike kyrie
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 750
http://www.lebron15-shoes.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 5
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora bracelet
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade sale
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
ドリフトliuyuzhen
hermes handbags | 2018/05/12 6:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/257
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■