地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「ホテル・ビーナス」 | main | 菊池寛:真珠夫人 >>

「ブラザーフッド」

B0001A7CZKブラザーフッド プレミアム・エディション
チャン・ドンゴン カン・ジェギュ ウォンビン イ・ウンジュ

ジェネオン エンタテインメント 2004-11-05

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


.・゜(´□`)゜・.


…と泣いてすむ話でも…
すっかりハングルが耳慣れた今日この頃。
最初は全て喧嘩腰に聞こえてたんだけど。笑
それも慣れてしまえば…耳慣れただけで、さっぱりわからんが。
漢字熟語の場合は、日本語と発音が同じ。
は行が「ぱ行」に聞こえるけど。(ex:「コーヒー」が「コピ」)

そんなことはどうでもいいですが。
この映画。
えぐさでは、「シン・デッドライン」や「プライベートライアン」を超えたと
わたしは思うのですが、如何でしょうか?
感覚の問題もあるんでしょうけど。
金髪青い目の方たちが「ファイト!」「シューティング!」と叫んでいるより
なんか、黒い髪や目のモンゴル系の方が感情移入しやすいと…orz

最初の平和だったシーン。
ウォンビン(彼はどこまでが名字なのか)の学生服姿が
妙にドリフっぽくて痛々しいのだが。笑
そのシーンから、突然、朝鮮戦争が始まる。
始まったらあれよあれよと、疎開しはじめ、
しかもその途中で兄弟は徴兵されてしまう。
そこからは、もう、周りの人々の腕は飛ぶはカラダはばらばらになるわの
夢に出そうな戦闘シーンが続き、
その中で、弟を思うお兄ちゃんと、
それが理解できなかった弟がすれ違っていくわけだが。

んもう!弟のわからずやーーっ!と
姉のわたくしとしては地団駄を踏む。
お兄ちゃんが、体の弱い弟を守ろうとして
より危険な任務に。そして隊から外れても手柄をあげようとする。
そのご褒美に、弟を除隊させたいがために。
弟は体は弱いが、頭が良く、家族の期待の星だった。
彼を家族のもとに帰したい。
そのためにはお兄ちゃんは鬼にでもなる。
お兄ちゃん…(つд`)

でも弟は、それは嫌なんだよね。
お兄ちゃんも一緒に。と思う。
そりゃあ、それができるに越したことはないだろう。
だけど、彼らがおかれた状況はそれを許さない。
…とお兄ちゃんは考えてんだけどね。
二人とも生きて帰れる確率は低い。
だから弟だけでも。
ことあるごとに、お兄ちゃんは、弟を帰そうとする。
弟は、そのために手柄を立てる兄に
「お兄ちゃんは、手柄を立てたいだけなんだ!」と思い始める。
そのためには、かつての幼馴染だって殺してしまう兄と弟は
決定的に分裂してしまう。

そして、とある事件がきっかけで弟が自軍に殺されてしまったと思った
お兄さんは、北朝鮮軍に投降してしまう。
最愛の弟や家族を殺してしまった韓国に嫌気がさして。

自分がお兄ちゃんを誤解していたことに気づいた弟は
戦線を離脱してまで、お兄ちゃんに会いに行く。
そこに起こった、大規模な戦闘。
敵も味方もぐちゃぐちゃになった中で、
ようやくお兄ちゃんを見つける、弟。
しかし、お兄ちゃんは、ショックで別人のようになってしまっていて
目の前にいるのが最愛の弟であることに気づかない。

.・゜(´□`)゜・.

戦闘シーンだけでなく
当時の韓国の状況にも驚く。
徴兵なんて、あんなのアリなの!?
突然、「18歳から30代までの男子はちょっと調べたいことあるから…」と
いきなり汽車に乗せてつれてっちゃう。
それって、ナチスと同じじゃないのー?
日本だって、赤紙があって多少の時間の猶予(別れを惜しむレベルだけど)は
あったのにー。

そして、街の様子。
共産主義を潰す!と町の若造が、次々と人を殺していく。
配給者名簿に名前があった、とかそれだけの理由で連行して
どんどん射殺していく。
抵抗すればスパイ扱い。
何の罪もない人間がどんどんと虐殺されていく。
そうして、お兄ちゃんの新妻も、殺される。
最後には「共産主義の娼婦」という根も葉もない罪を被せられて。
なんなんだよ、それは。
っていうか、そもそもお前ら誰なんだよーー
意味がわからないし、意味がわからないからこそ怖い。

もちろん戦争も怖いし、嫌だけど
それよりも、こういうことが嫌だと思う。
「ワイルド・スワン」のときも思ったけど
同じ言葉を扱うのに、通じない。
通じなかったら殺される…みたいなのが、一番いやだ。
でも多分、今でも通じないだろうね。
統一って本当にしたいと思ってるのかなぁ。
どっちも自分達の主義をもって統一したいと考えてると思うんだけど。
その時点で会話はかみ合わないと思われ。

そしてウォンビンは、現在リアルに兵役中。
いやぁ…なんかね…この映画を見るとね…しみじみ。

どうでもいいけど
ウォンビン、チャン・ドンゴン、そしてイ・ビョンホン
ぺ・ヨンジュンが韓国四天王らしいけど
ぺって入れていいのか…?他の3人の迫力が凄すぎる気が…わははは。
ヒマにまかせて映画鑑賞(その他アジア) | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

>は行が「ぱ行」に聞こえるけど

そうそう。コピって言うよ、コーヒーのこと。外来語の「F」が「P」認識になってる単語がいくつかあるみたい。だから「ファン」のことは「ペン」って言うんだよぅ。
うちのママンはペ(ヨン)のペン。。

濁音と半濁音の境目が日本語ほど明確じゃないしね。だからプサンでもブサンでも通じる…。

って私はまた本題からそれたところに食いついて…。笑
えりふぃす | 2005/07/11 3:20 PM
えりふぃす♪

よく考えたら「コーヒー」って日本語だ。
「カフィー」だよね…英語だと。あははん。
でも「if」は「イプ」って言うよね!
それは英語なのか?
あと、多分日本語の影響だろうけど
熟語は日本語読みを崩したのが多い気がする。
「高等学校」を
「こぉにょんぎゃっにょう」みたいな。

だから漢字で書いたら通じるのかと思いきや
漢字って意外と向こうの人は知らなかったり…
近くて遠いのう…

うたふぃす | 2005/07/11 5:32 PM
>こぉにょんぎゃっにょう

うはは。なんかわかる。
自動車学校は「ちゃどんちゃ はっきょ」でしょ。これはなんか、かわいい感じがする。ふふ

沖縄言葉と韓国語って近かったりするのかなぁ。>発音のくずれ具合…。

こういう言語関係、萌えーなんだけど。大学ん時、まじめに言語学の授業聞いとけばよかったよ。orz
えりふぃす | 2005/07/11 5:56 PM
えりふぃす★

そうか。えりこは言語な人(?)だったわねー。
わたし、ぜんっぜんダメでさぁ。
カタコト語協会には入りたいんだけど。笑
(「世界中の言葉でありがとうとこんにちわがいえる人になりたい」とぶっ放して
面接に落ちたことがあるバカな子の俺)

沖縄かぁ。近いのかなぁ。
日本の方言語圏はちょっと興味深いわねぇ…
沖縄も島によっては全然言葉違うみたいやしなぁ

うたふぃす | 2005/07/11 10:38 PM
見たです。兄弟、歴史に翻弄されまくってましたねー。「人は時とともに生きてゆく宿命を背負うから」(@多分みつ子)徴兵されて戦場に送られて幼馴染殺して嫁さん殺されて何度も寝返ってなんか幸せそうな老後送って・・・しまったのでしょうか。背負いすぎだ。
ま、男子としてはどうしてもストーリーよりもドンパチの方に興味がいってしまうわけですけど。シャーマン戦車がリアルでよかった。コルセア攻撃機のCGはもう一歩かな。T34も出してほしかったな。どうでもいいですね。すいません。
SLASH | 2005/07/20 12:06 AM
SLASHさん

見たかい。
生き残って幸せな老後送ったのは弟の方です。
お兄ちゃんは倒れた形で骨になって発掘されてました。
あのかわいい弟もあんなじいさんに…と思うと
時の流れも怖いと思ったり。笑

やっぱりドンパチの方に目が行かれますか。
いまだに戦争モノのDVD(太平洋戦争モノとか)が通販で売れるはずだよ。笑
そう思うとやっぱり戦争って男のモノなんだよねぇ…
えぐいの苦手なくせにさ。笑
うたぎく | 2005/07/21 12:27 PM
下記アドレスでチャン・ドンゴン、ウォンビン主演の『ブラザーフッド』2005カレンダーをプレゼントしてましたよ〜
http://www.sengido.co.jp/service/KNTV.html
ジウ | 2005/08/05 12:28 PM
いや、夢に見そうだから。笑
うたぎく | 2005/08/05 4:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/272
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■