地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 菊池寛:真珠夫人 | main | 菊池寛:無憂華夫人 >>

菊池寛:貞操問答

4167410052貞操問答
菊池 寛

文芸春秋 2002-10

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


芝居に夢中な知的美女の圭子、聖母の清らかさと娼婦のエロスを備えた新子、蠱惑的魅力で男を翻弄するベビーエロの美和子の三姉妹。生活を顧みない姉妹のため、家庭教師となった新子は、軽井沢の別荘へ。元子爵令嬢の妻に辛くあたられるうちに、新子は夫と心を通わせてしまう。新聞連載中から評判をよんだ幻の名作。


小説の主人公というものに滅多に共感しないわたくし。
むしろ、サブであったりライバルであったりそういう子に
目がいきがちなんでございますが。
この本はねー、珍しく主人公に目が行きました。
だって偉いんだものー。
一家を背負って、学校を辞めて働くことを決意した新子。
だけど、お姉ちゃんも妹も自分勝手この上ない。
お金持ちの家庭教師になった新子ちゃん。
子供も旦那さんもいい人なんだけど
奥さんが、またいい性格してて。


そして旦那さんは冷たい奥さんにいい加減嫌気もさしてたし
ついつい新子ちゃんにやさしくしちゃう。
働きに不相応なお金を援助しちゃったり。
それに目をつけたのが、新子ちゃんのお姉さん。
嫌がる新子ちゃんのことなんか気にせずにお金をせびりにいく。
そして住み込みの家庭教師として家を空けているのをいいことに
新子ちゃんの恋人に手を出す、妹。

もうこの姉と妹の自分勝手ぶりも見事だ。
こんな風に生きれたらある意味幸せだろうなぁと思う。
わたしは多分、新子ちゃんタイプで
この姉妹タイプの子ににキレながら生きていくんだ。笑
ただ偉いだけじゃ、共感しない。
この周りの人間からの振りまわされっぷりに共感する。
わかるよ、新子ちゃん。
むかつくよね、こいつら。笑

家庭教師を奥さんからクビにされた新子ちゃん。
新子ちゃんに惚れてしまった旦那さんは
銀座の一等地に店を買い、新子ちゃんにバーを開かせる。
新子ちゃんも悩むんだけどね。
こんなにこの旦那さんに甘えていいのか。
そして水商売…。
でも、自分勝手に生きる姉妹や、家のことも考えて
「わたしも思い切って生きていこうと思う」と決意する。

新子ちゃんの店には、旦那さんの援助もあって
繁盛する。
やがてやはり、奥さんにばれて奥さんが怒鳴り込んでくるんだが。

いやー、おもしろいねぇ。
この奥さんや姉妹との応酬。
姉さんは、演劇に夢中で、演劇のためなら
何しても構わないと思ってる。
挙句の果てには、奥さんに新子の情報を売っちゃう。
妹は、新子ちゃんの周りに現われる男達に
ちょっかいをかけずにいられない。
この妹の言動が、結構面白いんだよねぇ。

そして奥さんは、冷め切った夫婦仲なのにも関わらず、
新子ちゃんをいじめずにはいられない。
ここまで手段を思いつくなんて、もはや趣味の域だろう。
どことなく楽しそうな気がするのは気のせいかしら。

随所に出てくる当時の女の子達の生活も面白い。
妹の、男の子のような言葉遣いもこしょばゆくなるくらい。
妹を形容する「ベビーエロ」なんてくらくらする言葉のセンスだ。
「化粧品だけはいいものを使いたいの」と言って
マックスファクターの化粧品を揃えたり。
マックスファクターなんてあんたらいくつよう!
私も使いたいわよ!ブツブツ。
こうなると当時の貨幣価値も知りたいところだ。
当時の30円っていくらくらいなんだろう…。
3万円くらいかなぁ。
貧民としては、当時の女の子たちのお金の使い方も興味深い。

ブログランキング
クリックお願いします★
作家別「か」行 | permalink | comments(49) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

最近更新が早いですね〜^^

菊池寛さんの本は読んだことないけど
表紙の絵が独特ですね…

あと、姉妹って長女より次女とか三女が家のこと面倒見てることありますね、
私の前いた会社では3人姉妹の末っ子の同僚が両親を扶養してました。
yuri | 2005/07/10 12:39 AM
うたたん!
私も貞操問答よんだわよ!

むかつくわね〜あの姉と妹。

それにしても、昔の女性はあんなに品のいい言葉使いだったのかと、その点で大反省。

※妹から見れば、私もむかつく姉かもしれません・・・。
こっちの点でもわが身を省みました。
ともぞにょ | 2005/07/10 2:25 PM
★yuriさん

更新…
梅雨ですし、おうちにいることが多いからかな
(ひきこもり)
1冊で完結してくれると更新できるんですよ。
何巻も続くのは読み終わるまで時間かかるから。

真珠夫人で復刻したので、
わざとこういう表紙にしてるんだと思います。
この表紙は高畠華宵の少女雑誌の表紙らしい。

そうかー、長女ばっかりがやってるとは
限らないんですねぇ。
わたしが長女だからついそう思うのかも?

★ともちゃん!ともちゃん!

わーともちゃんだー。
もうねぇ、むかつくよねぇ。イラッとするもの。

大変良い言葉遣いで、口喧嘩すると
迫力ありそうよねぇ。
昔「お嬢様言葉練習講座」を読んで
そう思った…ホホホ。
言葉遣いも、一夜漬けではなんともなりませんねぇ…
わたしなんかはあっちこっちの方言も入っているので、また。


うたぎく | 2005/07/10 10:50 PM
私も読みましたよ。姉と妹もムカつくけど、新子もムカつきます。だって、自分の気持ちをブチ曲げないでイライラする!最後に美和子と元子爵令嬢の妻の綾子との対立にはスッキリしました。表紙に飾られてた高畠華宵の絵には綺麗で貞操問答にふさわしいです。ただ続きがないのは悔しいです。この作品がドラマ化・映画化にしてほしいで〜す。
さおり | 2005/07/20 12:39 AM
さおりさん

新子はねぇ、多分言い返したいんだけど
その前にあの姉妹のキャラに押しつぶされるんだよー。
ついでにいい返しても、聞かないんだけどね。
あいつら。笑
あの奥さんにやり返さないのは、
彼女はまだ封建的?な部分もあるからでしょう。
美和子はそんなん超越してるけどね。
最後のあのシーン、楽しいよねぇ。(うっとり

これもドラマでやって欲しいよねー。
女系家族のキャストでいいから。笑
うたぎく | 2005/07/21 12:30 PM
うたぎくさん
レスありがとうがざいます。本当に最後のシーンはよかったです!あれはほんとにドラマ化にしてほしいくらいです。ドラマ・映画化にする時どんな人に出演してもらいたいですか?私個人としては新子役には伊東美咲さんで、美和子役にはうーん・・そーね、酒井若菜ちゃんかな。前川役は石田純一か阿部寛さんで圭子役は・・思いつかない。美沢さんは及川光博さん、高飛車な妻役には天海祐希さんか川島なおみさんにぜひやってほしいです。みなさんは誰にどんな役をやってほしいか教えてください。
さおり | 2005/08/05 9:50 PM
さおりさん

妻役、川島なお美、いいよねぇ…
わたしは高畑淳子にやってほしい。
血管切れそうな早口で笑わせてくれると思うの。
そして前沢は長塚か益岡徹…
若かったら唐沢でもいいかもしれない。
なんか年齢層高いな。笑
あの一番上のお姉さんは、木村佳乃で。
美和子は上戸彩かなぁ。
新子が思いつかないわ〜
うたぎく | 2005/08/06 2:50 PM
木賀子爵には及川光博さんがぴったり合ってる。
ミッチーには美沢をやってほしいと書いたけど、美沢役には伊藤英明か藤木直人にぜひやってもらいたい。
綾子夫人に川島なお美・・。う〜んいいですね。長女の圭子は佐藤仁美、中澤裕子、黒坂真美、MEGUMI、三浦理恵子、瀬戸朝香、牧瀬里穂、藤原紀香、篠原涼子、井上和香。新子には田中美里、菅野美穂、仲間由紀絵、竹下結子、小西真奈美、常盤貴子、高橋かおり、長谷川京子、ミムラ、藤谷美紀、あとチェ・ジュウもいいかも。美和子役には酒井若菜の他に真珠夫人で瑠璃子の義理の娘・美奈子をやった増田美亜、榎本加奈子、平原綾、遊意亮子、小池栄子、佐藤江里子、釈由美子がいいな。新子の友人・前川の妹には紺野まひる、小西真奈美、矢田亜希子、井川遥。三姉妹の母親には萩尾みどりに。前川には阿部寛の他にだんご三兄弟の速水けんたろうさんがいい。
さおり | 2005/08/10 2:53 PM
うたぎくさん

あっ、あと佐々木蔵之介もいいね!佐々木蔵之介なら前川役にぴったりかもよ。
さおり | 2005/08/10 2:57 PM
さおりさん

…すげえ。
半分くらい誰かわかんねー。笑

佐々木蔵之介は前川というよりも木賀子爵っぽいなぁ。
あの「通りすがりの人」感が。笑
あかんなー。なんか年齢層高いよなぁ。私。
うたぎく | 2005/08/11 9:01 AM

うたぎくさん


私は佐々木蔵之介の方が前川役に、木賀逸郎子爵には及川光博の方がピッタリ合うとおもうけどなぁ〜。
佐々木蔵之介には「通りすがりの人」・・。
う〜ん・・悪くないかも。笑。

私の中の前川は40だけど見た目は30代で長身で優しいパパの男性で、木賀子爵は学習院に出たばかりで年は20代後半から30代前半の男性かな。
他に寺脇康文、宇梶剛士(←前川役。)稲森いずみ、松雪泰子、飯島直子、菊川令(←圭子役。)
あとねぇ〜、祥子役は凛ちゃんこと美山加恋ちゃんがいい。三姉妹の母親には萩尾みどりの他に加賀まりこ、紺野美沙子、野際陽子もいい。どうですか?
さおり | 2005/08/11 6:18 PM
佐々木蔵之介は、伏見のおぼっちゃんだからね。
なんかぼんぼんで、責任感がまだないかんじがぴったりかなぁ…と。
30代後半〜40代前半だったら、
唐沢や江口洋介、織田裕二の年代なんだよね。
木賀は、要潤とかあの辺(どの辺?)が
いいかもしんない。
…ってなんでこんなにわたくしたちは熱く?_
うたぎく | 2005/08/12 10:42 AM
前川役に唐沢寿明さん・・?うん!いいかも。あたし唐沢の前川を演じているのを想像して、これはいいな。と思ったんです。
あっつ、前にうたぎくさんが綾子夫人に高畑淳子がいいと言っていましたけど、高畑淳子って誰ですか?あたしわからないんです・・。すみません。木賀子爵はやっぱ及川光博でしょう。うん。
さおり | 2005/08/18 5:34 PM
美沢は伊藤英明、藤木直人あたり。
八嶋さんはバー・スワンの客で前川の知り合いっていうか、会社の同僚で。三姉妹の母親は・・高橋恵子、萩尾みどり、市毛良枝あたり。
前川の妹・新子の友人の路子は小西真奈美、紺野まひるが。
さおり | 2005/08/18 5:42 PM
高畑淳子は、「スローダンス」で深津絵里のお母さん役してる人ですわ〜。
うたぎく | 2005/08/18 6:31 PM
うたぎくさーん
高畑淳子のこと教えてくれてありがとうございまーすm(−−)m
スローダンスに出てるんですか。じゃ、さっそく来週見てみます。
さおりで〜す | 2005/08/20 8:17 PM
この小説は続きはないけど、そのあと(バーでの争いの後)どうなったんだろー?

私は前川はあの高飛車な奥さんと口論となり、前川は離婚を宣言。新子と再婚する。二人は二人の子供たちと幸せになる、綾子は木賀子爵と一緒になって再婚。戦争が始まり、前川と新子達は海外に逃れる。まあ、こんな感じ。
さおり | 2005/08/22 8:46 PM
わぁ。
わたしは前川が離婚してめでたし★ってくらいしか考えてなかったわ。
戦争が始まり…ってことまで考えもせんかった。
そうか、確かにそうやわね。

>前川と新子達は海外に逃れる

この「海外」はたぶん満州で、
引き揚げのときに前川は死にそうだ…暗
うたぎく | 2005/08/22 10:11 PM
おいおい、勝手に殺さないでー!

私は二人はまずアメリカかイギリス行って〔前川は以前米英に住んでいた経験があるから。〕、戦争が始まったら同盟国であるドイツかイタリアに逃げると思うなあー。終戦後は日本に引き上げてきて、二人は仲良く添い遂げると思う。
さおり | 2005/08/23 6:12 PM
そして前川を失い、2人の連れ子&前川との子供を抱いて満州から命からがら引き上げてきた新子の肩には、母親と長女が再びのしかかる…
戦後の混乱の中で途方にくれる新子。
しかし、美和子はうまいことアメリカ軍に近づいて物資を手に入れ、家族を助けはじめる。
新子も学力を生かして再び家庭教師の職を…

・・・・と今適当に思いついてみた。
っていうか、これ、今まで読んだ本の
いろんな話が混じってるだけかも。笑

二人がアメリカに逃げた場合は
「二つの祖国」みたいな話になるだろな…

戦争の影はわたしには重い…
うたぎく | 2005/08/23 9:24 PM
戦中は空襲などもあって前川と新子たちはナチスドイツ、イタリア軍に助けられて、軍部にかくまってくれる。戦後、新子と前川、二人の」連れごと新子と前川の間にできた子供は日本に引き上げてくる。

うたぎくさんの思いつきはすんばらしいー!
美和子がアメリカ軍に近づいて物質を手に入れて家庭を助けて、新子は以前のように再入学して家庭教師をはじめる。すばらしい思いつきだー!

で、あの高飛車な妻・綾子はというと・・あの事件のあと木賀と再婚したけどあの傲慢な妻の心変わりのせいで、二人の間に激しい亀裂が入り、綾子はまた以前みたいに旦那以外の男性と関係を持つ。我慢の限界に来た木賀は離婚を宣言して家を出る。
残された綾子は、というと自暴自棄になり吉原の女郎屋の娼婦になる。いろんな男性と遊んで遊んで遊びまくる。身も体も心もボロボロになった綾子は、途方にくれてるうちに病死するかもしくは餓死する。
子爵家の実家に頼って行ったけど親は娘を勘当したと同様、親は助けてくれなかった。(そうだろうなー。あんな女だもんなー。自業自得ってカンジ。)しかし、新子と前川の子供はどんな子だろう?・・・と適当に想像した結果がこうです。
さおり | 2005/08/25 11:20 PM
うたぎくさん、ごめん!間違えて同じスレを出してしまいました。お手数ですけど、ひとつ削除してください。お願いします。

話し変わりますけど、27日と29日の3泊4日に愛媛の高畠華宵大正ロマン館と高松市の菊池寛記念館に見に行ってまいりまーす!

帰ったら報告しまーす。じゃねー。
さおり | 2005/08/25 11:30 PM
ナチスやイタリア軍は、かくまうどころではないと思うが…笑

いいなぁ、菊池寛&高畠華宵。
文春文庫ってかんじ。笑
四国にあるのね。
楽しんで〜
うたぎく | 2005/08/26 9:16 PM
うたぎくさん、お久しぶりです。

な、なんと貞操問答が10月17日のTBSの昼ドラでドラマをやるんです!
ヒロイン・新子にはさくらで、前川訳には
真実一路に出てた大浦龍一がやります。
私の中では新子は伊東美咲、田中美里のどっちかで、前川には佐々木蔵之助、美和子は酒井若菜ちゃん、綾子は川島なおみ、天海祐希だったけど、しょうがないです。ドラマになるのは嬉しいからいいです。

さおり | 2005/10/08 11:19 PM
さおりさん

わー、久しぶりー。
華宵美術館はどうやったー??

そうやの!貞操問答、ドラマになるね。
まぁ真珠夫人もあったし
昼ドラ枠やろなとは思ったけども。
でも昼ドラは見れないのよ…泣
うたぎく | 2005/10/09 8:13 PM
さおりでーす

8月の華宵の大正ロマン館はとってもよかったでーす。私が行ったとき美術館で「上海モードと華宵」ていゆうのやってて1020年代の上海で描かれたチャイナ服をきた美人画のCMのポスターと20年代の上海の様子が写真で飾られて、村松梢風の上海を舞台にした小説(挿絵は華宵。)が展示されてました。昭和初期の雑誌の表紙、挿絵はもちろん、多くの遺品も展示されてました。

私は「中将湯」の絵と「少女画報」で使われた絵が好きだなー。

ホントーに8月の四国は東北より死ぬほど暑かったあー。
さおり | 2005/10/12 2:16 AM
さおりちゃん

こんばんみ

わーー。上海モード!
見たいーーー!!

>8月の四国は東北より死ぬほど暑かったあ

東北から?四国へ??
うたぎく | 2005/10/12 11:03 PM
うたぎくさーん

こんばんみー。さおりでーすv(^^)
うん、仙台から飛行機(途中で名古屋の中部空港で乗換え。)で松山まで行きましたー。
松山に着いたとたん仙台より熱中症で倒れそうなくらい、それはそれはすんごく暑かったです。なんてたって南の方ですからなー。

2日目は列車で高松の菊池寛記念館に行ってきました。記念館はビルの3階にあって中はこじんまりとしてて料金はなんと大人200なんですよー。これはびっくり。最初は映像で生前の菊池寛にくわしい人の証言、将棋を指している菊池の姿などなどを見せて、時代ごとに分けて高松での幼少の時に暮らした家の模型、菊池が関わった人々、菊池が尊敬した人物、尊敬された人々の写真、真珠夫人が載っていた生新聞、「貞操問答・家庭の嵐」の生原稿&改造社からの初版本、「新道」が載っていた生新聞、菊池の数々の遺品、仕事場の再現、死ぬ直前に家族宛に書いた手紙と絶筆した原稿が展示されて、隣には芥川賞、直木賞、菊池寛賞を受賞した人たちのパネル、受賞した本が展示され、舞台(藤十郎の恋、父帰るなど)のシーン、台本などがありました。

「真珠夫人」の新聞、「新道」の新聞は戦争中焼失されずによく保存されていたよねとつくづく思います。

華宵の大正ロマン館の話に変わりますけど、
雑誌の挿絵、口絵のほかに華宵便箋の絵、日本画、中将湯の広告画、明治に=華宵がデビューする前のパステルで使った絵、サーカスに行ったときの様子、華宵の遺品である茶道の茶碗、家族からの手紙、上海モードのコーナーにはアヘン窟となってるお店、娼婦をしてる少女たちの写真などが展示されてました。いろんな絵が飾られてて全部見切れなくて頭がぐるぐる回っちゃいましたよ〜。  電車の時間もあったからね〜。1月20日に大正ロマン展(だっけかな?確か。)の企画をやるんでまた松山にいってきま〜す。  今度は3泊4日にしてゆっくりしたいな〜。

帰りは沢山お土産をかってきました〜。


夜は有名な道後温泉に行ってゆっくり、のんびり
湯につかってきもちよかった〜。
       
さおり | 2005/10/13 5:40 AM
さおりちゃん

こんばんみ。

詳細な報告、ありがとう★
確かに野上弥生子記念館行ったときも
安くて(笑)色んな資料がありました。
板垣退助が遊びに来た写真とか。
川端康成があげた着物とか。

うーん、わたし四国上陸したことないんだよねぇ。
うどんも食べたいしなぁ。
連休、ないなぁ…うぅん。悩ましい。
仙台から四国はそりゃ暑いよ…笑
仙台、去年初めて行ったよ。
市内をほとんど見てないんだけどね。
うたぎく | 2005/10/13 8:56 PM
うたぎくさん

こんばんみー。17日から始まった「貞操問答」のドラマ見てますよー。展開がとにかく早いの一言。原作とは違ってキャラクターとストーリーの設定が違うんです。ドラマの「貞操問答」は死んだ南條家の父親は実業家、前川は婿養子で貿易会社の社長、木賀は前川家の親類で爵位は男爵、新子の友人の路子は義理の兄の前川を一途に思っている。原作には登場していないドラマのオリジナルキャラクター・前川家の専属運転手・杉山仙吉が登場しているんです。その杉山は昔、新子の父親の下で勤めていたという設定なんですよ。あと新子の左腕にブレスレットをつけてるんです。
ストーリーでは南条家の父親の葬儀の時、美沢さんが新子にキスしようとするし、妹の美和子は早くも美沢さんを誘惑して、強引にキスしちゃうし、新子が軽井沢に行った後、新子から美沢さんあての手紙を破いて、燃やして、美和子は原作以上の性悪女ですよー!もうー!新子に会いたくて美沢さんは軽井沢にやってきて、しかも、美沢のあとを追ってきたかのように美和子までもが軽井沢に来たんですよ〜。綾子夫人といえば新子を「女郎蜘蛛」呼ばわりしたり、新子にフランス製のハンカチで部屋の窓拭きをさせて挙句の果てに綾子夫人は新子に窓拭きで使ったハンカチを「このハンカチ、あなたに差し上げるわ。フランス製よ。」なーんていって、すっげームカつく!寝るときなんかは美沢さんを新子の部屋で一緒にさせちゃうし、美沢さんは新子を力ずくで新子を自分のものにしようと無理矢理おかそうとしてもう見てられませんはー。
妹の路子を扇子でひっぱたいてもうーひどいよ!次回の予告で路子さんが兄の準之助を抱きしめちゃうシーンが出てきたんです。来週が待ちきれません。
ドラマの説明がうまくできなくてわかりづらいですけど、ドラマの「貞操問答」はこのようなものです。
さおり | 2005/10/29 6:45 PM
こんばんみー

わはは。昼ドラ、更におもしろそう!

>フランス製のハンカチで部屋の窓拭きをさせて挙句の果てに綾子夫人は新子に窓拭きで使ったハンカチを「このハンカチ、あなたに差し上げるわ。フランス製よ。」

この場面、すごい!見たい!!
なんかこういうシーン、漫画かなんかで見た!笑

見てられないけど、待ちきれないのね?
いやー、わかるわ。
ある意味目が離せなさそうやもの!

うたぎく | 2005/10/30 2:01 AM
こんばんみー。レスありがとう。

来週は新子が前川氏とキスして、運転手の杉山が新子にキスを迫っちゃうんです〜(><)楽しみだー!ドラマでいつも「貞操編 第一話」と登場すんですが、他に何編があるのと?疑問に思います。

「貞操問答」見た後、裏番組でやってる「誹の十字架」にはまってます。

いやー、路子が兄の準之助を恋心を抱いているのはびっくりしましたなー。ドラマで新子役を演じてるさくらってすこし華原朋美に似てて、綾子夫人を演じてる筒井真理子さんピンクレデイーのミーに似てると思いませんか?一話で筒井真理子さん見たとき、あれ?ミー?ミーの双子か?って思ったほど似てるんです。今度ためしに見てくださいね。
さおり | 2005/10/30 7:16 PM
うーん、まだ見てないからなぁ。
ビデオテープ買いに行かないと!
貞操編のあとは問答編なんだろうなぁ。
問答編の方がものすごいバトル起きそう。笑

つか、誰なんだよ運転手の杉山!爆笑
うたぎく | 2005/10/31 11:06 PM
うたぎくさん

おひさー&こんばんみー!久しぶりに貞操問答のコーナーに来ましたv(^v^)
うたぎくさんの予想通り貞操編の次に問答編が出てきて、問答編ではすごいバトルが起きましたよー!問答編では原作と同じ綾子がバーにやってきて新子をいびりまくり途中で美和子と口論する。このあとは原作にはなかった前川と新子が駆け落ちをすること。前川は新子のためなら地位と名誉、家族を捨てて新子とどこか遠くへ逃げるが、綾子夫人の策略によって失敗する。落ち合い場所の軽井沢の別荘で現れたのは、準之助ではなく綾子と前川貿易会社の会長であり子爵でもある綾子の父親が現れ、新子に「あの人は来ないわよ。」と新子に準之助の拳銃を差し向く。しかし突然の展開で前川家の専属運転手で新子を一途に思ってた杉山が会長を撃ち殺し、杉山も綾子に打たれその罪を新子になすりつける。警察の事情聴取で前川が現れて、新子は助けに来てくれたと思いきや「この拳銃は彼女が勝手に持ち出した。」と新子を裏切り新子はあっけなく有罪になった。準之助が新子を裏切ったのは社長の地位と前川家を守るためで本当は準之助は警察に言って本当のことを話すつもりだったけど綾子にたぶらかされて新子を裏切った。でも、新子の前にある男性が現れて、新子を牢獄から救い、牢獄から出た新子は悪女に豹変し中国人女性・リーホワとして新たな人生を始める。牢獄にいた新子を救ったのは謎の中国人・ワン・タイサンという男で、今まで杉山がいつも電話で話をしていたのはそのワン・タイサンで杉山とワンは何らかの関係で絡んでいたんです。問答編の次は復讐編がスタートして、自分を裏切った準之助や前川家の人々をつぎつぎと追い詰めて新子は会社を倒産させて屋敷買い取って家族と一緒に屋敷に移り住み屋敷を追い出された前川家の人々は前の南條家に移り住み不自由な生活をしてました。新子は準之助を恨んでも心のそこではまだ準之助が忘れられず準之助も新子を裏切っても新子が好きだった。新子は準之助の思いとはうらはらに前川家に復讐を続けて、最後は二人は肉体的に結ばれて軽井沢の別荘でひそりと暮らしました。うまく説明できなくてごめんなさい。ドラマの「貞操問答」はこんなもんです。
落ち合う場所だけど本当は別荘の近くの古い小屋(二人がキスを交わした場所。)で落ち合うはずだったんだけど綾子が美沢を使って「金とウイーンの音楽学校の紹介状を渡すから新子に前川が別荘で待っていると伝えてと。」と言って新子にうその落ち合い場所を教えたんです。中国人ワン・タイサンは実は日本人で新子の実の父親なんです。三姉妹が生まれる前母親は新橋で芸者をやってて三姉妹の父親と結婚する前綾子の父親に水揚げをし、会長は新子にそっくりだった松奴を愛しててバーの開店日のとき会長は新子を一目見て「おおっ!松奴(まつやっこ)だ!松奴が生き返ってきた。」と叫んでたんです。以来会長は新子に一目惚れして新子との関係を知った会長は怒りを買い準之助を社長の座を取り上げて昔の前川家の書生に戻れと言われたんです。
さおり | 2006/01/14 10:50 PM
★さおりさん

ありがとう〜
・・・・すげえ。
途中から全然話ちゃうやん。笑
サスペンスみたいになってるし。

ドラマはねぇ、結構前に1回だけ休みの日に見た。
美沢さんの部屋のベッドが
うちと同じパイプベッドだった笑

うたぎく | 2006/01/15 12:37 AM
うたぎくさん
そうなんですかー。うたぎくさんの部屋のベッド美沢さんと同じパイプベッドを持ってたんですかー。でもドラマ版の「貞操問答」にはがっかりしました。今度は映画のほうに期待します。さてさて、話が変わりますけど3月にまた四国に行きます。愛媛の高畠華宵大正ロマン館で今華宵・若し日々展の企画展をやっててそれを見に行くんです。あと三島の「春の雪」の撮影で使われた高松の栗林公園にも行くんです。今から楽しみです。
さおり | 2006/02/07 7:32 PM
おー、またいくのね!
いいなぁ、四国は未上陸。今年こそは!
うたぎく | 2006/02/08 11:07 PM
企画展のタイトルは「華宵・若し日々」ではなく「大正ロマン・永遠(とわ)に若し展」でした。失礼しました。
あと去年の夏に行ったときにタクシーの運転手さんから聞いたんだけど、実は高畠華宵の孫が大正ロマン館の館長を勤めているんだって。それを聞いた瞬間「えー!うっそうー!?」とびっくりしました。まさか華宵のお孫さんが館長をやっていたなんて夢にも思いませんでしたよーー。
さおり | 2006/02/10 9:38 PM
>華宵のお孫さんが館長をやっていたなんて

そういう記念館って血縁者?が代表になること多いよねー。
美空ひばり記念館とか。笑

ミュシャ展見にいったときに思ったけど
(ミュシャ財団の代表はミュシャの孫)
日本の華宵の絵なんかも
外国で巡回展なんかやってるのかなぁ?
ミュシャがあんだけ世界的に評価があるんだから
日本の明治〜昭和初期のああいうイラストレーターももっと世界に出ていいんでは?と
思ったよ。
うたぎく | 2006/02/11 7:17 PM
四国を哂うもの、四国に泣く。
ちなみに高松に住んでいたときは(20年前だけど)
家の近くに菊池寛の銅像が建ってました。
このオッサン何者?みたいな。
とりあえず香川県はうどん屋めぐりが楽しい
(本題とまったく関係なくてすまぬ)。
元・高知 | 2006/02/15 10:15 PM
うどん屋めぐりしたいんだYO!
車が運転できねえんだYO!
JR…じゃつらいよね…
うたぎく | 2006/02/16 11:00 PM
貞操問答の表紙の絵のタイトルは「なかよし」というタイトルです。
ゆき | 2007/02/06 11:50 PM
■ゆきさん

そうなのね!ありがとうございますー
仲良し・・・仲良しかぁ。
うたぎく | 2007/02/07 10:57 PM
読んだ本の話だから喰いつく喰いつく^^;
おととし読んだんだね?
Sonnyは真珠夫人が流行ったとき買いに行って、なぜか隣の貞操問答を買っちまつたのだけど・・・あえて買って良かつた!と今でも思ってますね。(ちなみに真珠夫人は未読)
姉妹関係のコメントが多い↑ね。自分は姉妹をがいないけど、なんだか分かるような。リアル。
でも、次女三女のほうが器用っ!手際良いって思うことも多々ある。
そしてSonnyがごろにゃぁ〜んとダミ声でなついてる(甘えてる)女性たちは気が付けヴぁ、見事なまでに3人姉妹や3人姉弟の長女が、複数!(四人姉妹の次女もあらせられるな)
ぐっと来たシーンは、突然の雨を二人で凌いで引き続き訪れるキスシーン。引き続いて、雨に濡れそぼつた着物と帯を解くのが大変☆という描写に「菊池寛ってホントーに男子ぃ?」と感嘆。あとあと、
>そして奥さんは、冷め切った夫婦仲なのに
>も関わらず、新子ちゃんをいじめずにはい
>られない。ここまで手段を思いつくなん
>て、もはや趣味の域だろう。どことなく楽
>しそうな気がするのは気のせいかしら。
わーたーしーもー思ったーー!!!(叫ヴぃ)

あと、わしも華宵の大正ロマン館行きたいッヒリーベ。あの、もっちり頬っぺたの絵がたくさんあるのかしら・・・はぁはぁ←少々きこしめしてます。ご容赦をm(_)m



Sonny | 2007/02/09 12:04 AM
3年前に原作本に出会いました。おもしろいの一言。一週間で読了しちゃいましたよ。1年後にドラマ化すると知ったとき。うれしかったけど、見てみるとがっかり。ストーリーもキャラも全然違うじゃーんって思った。映画化になることを期待します。私の中では新子は竹内結子で前川には阿部寛、木賀逸郎には及川光博、美和子には上戸彩、綾子には川島なお美に演じてほしいですね。
ゆき | 2007/02/09 8:43 AM
3年前に原作本に出会いました。おもしろいの一言。一週間で読了しちゃいましたよ。1年後にドラマ化すると知ったとき。うれしかったけど、見てみるとがっかり。ストーリーもキャラも全然違うじゃーんって思った。映画化になることを期待します。私の中では新子は竹内結子で前川には阿部寛、木賀逸郎には及川光博、美和子には上戸彩、綾子には川島なお美に演じてほしいですね。
ゆき | 2007/02/09 8:51 AM
■sonnyちゃん

ぎええ、もうそんな昔の話かよ。
時が経つのは早いぬー。
2005年って何してたんだろ。私・・・

あのねー、「貞操問答」のほうがおもしろいの。「真珠夫人」より。
だから多分、今「真珠夫人」読んでもツマンネって思うよ。
>雨に濡れそぼつた着物と帯を解くのが大変☆という描写に「菊池寛ってホントーに男子ぃ?」

笑。でもこういうのに萌えるタイプだったんじゃ?
小森のおばちゃまの本には、おばちゃまがさっさと脱いでしまったため
「きみには興ざめだよ」って言ったらしいしw

■ゆきちゃん

結局1回くらいしか見れなかったけど、ドラマ、かなり違ったらしいねぇ。
原作のままやったほうがおもしろいと思うんだけどなぁ・・・。
やっぱ前川は阿部寛っぽいよね。
竹内結子かぁ・・・なんか生々しいな笑


うたぎく | 2007/02/09 9:35 PM
>あのねー、「貞操問答」のほうがおもしろ>いの。「真珠夫人」より。
そーなんら〜。じゃ、真珠夫人はいいや←素直♪
あ、あと雨に降られて帯が解きにくいのは自室に戻って着替えるシーンで、濡れてるけど濡れ場ではなかった(うまいねどーも・・・?)と思うんだけど、前のわたしの文読み返すと濡れ場っぽくも見えるなあ。
何にしろ、「雨に濡れた女性が解きにくい帯に往生してる」って状況、私の記憶にとどまってるぐらいだから、作家先生も熱を込めて書いたにちがいない。
ところで
>高島礼子はいい女よね。あの笑ってんだか>怒ってんだかわからん表情も最高やし、逆>にチオビタのCMみたいな庶民っぷりもかわ>いいし・・・
うんうん(激しくうなづく)
江戸っ子じいさんは、高島礼子に癒されたいと思ってるみたい。拝啓 父上様 で演じてる、ゆきのちゃんいいなあ。
あとね、最近ね、華麗なる一族ほとんど見てないけど、あれの鈴木京香ちゃんの悪女になら翻弄されてみたいっていうささやきが最近聞こえてきて・・・そうささやいてるあなたはだあれ?



Sonny | 2007/02/10 10:12 PM
■sonnyちゃん

濡れ場・・・じゃないけど、雨に濡れて避難した小屋で「風邪ひいちゃうから云々」みたいな一歩間違うと・・・というシーンじゃなかった?違かったかなぁ・・・

華麗なる一族の京香ちゃんはちょっと大味やなぁという気がしなくもないある。
あのキムタクの嫁や、長女が妙に和風に色っぽくてよい。
あ、見忘れた・・・今日は日曜日じゃないか。
うたぎく | 2007/02/11 10:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/274
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■