地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 斉藤孝:座右の諭吉 | main | アルテイシア:59番目のプロポーズ >>

植草甚一スタイル

458263415X植草甚一スタイル
コロナ・ブックス編集部

平凡社 2005-05

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「僕は散歩と雑学が好き」
その言葉は有名だ。(たぶん)
山田詠美さんのエッセイを読んでいると、時々出てくる「JJ」という名前。
ずーっと気になって仕方がなくて。
だけど、大きな本屋に行っても見つからなくて。
それが奥さん。
なんということでしょう!(中村メイコ)
植草甚一全集が復刊されている、という情報を耳にしたのは
去年の話。
でもさすがに全集買うわけにもいかないし。
やっぱり本屋には見当たらないし。

それが!見つけたのですよ。
天満のジュンク堂で!ずらーっと並んだ「植草甚一スクラップブック」!
一瞬気が遠くなりました。
本棚の前で、くらくらしながら一冊づつ手にとった。
1470円。42巻もある。
どうちよう。(どうするも何も仕事中だ)

そこに目に入った一冊の本がこれ。
なんだかんだといいながら、彼の文章には触れたことなかったので笑
入門編として購入。

素敵だなぁ。
いいなぁ。こんな時代。
マッチの箱も、レコードのジャケットも。輸入ペーパーバックの表紙も。
そしてJJのファッションも。

わたしはジャズも詳しくないし、ミステリも読まない。
まぁ言うたら共通点なんてないんだけど。
本と映画と音楽にまみれて、文章を書く。
そして、町を歩く。
東京、ニューヨーク。
古本屋で本をどっさり買って、
喫茶店に入る。
気になるモノを次々とノートに貼り付ける。
そして、そこから言葉が生まれる。

おおお、憧れ。
いいなぁ。
こういうふうに暮らして行きたいなぁ。
あの部屋は地震が起きたら即死しそうだけど。笑



人気blogランキングへ
作家別「あ」行 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

あー、私もこの人のこと全く知らないんだけど、最近、妙に気になって本読んでみたい!と思っていたのー。ごく最近何かの雑誌でこの人の特集してたような・・・。しかし、そういう暮らし!いいねぇー私もしたーい!

コロナ・ブックスシリーズ?っていうの、このシリーズっていいよね?!渋龍本みたいのは持ってます(笑)。私もこの本、探してみよ♪
透子 | 2005/08/28 6:54 AM
透子さん★

いやぁ、さすがですなぁ…
渋龍のコロナブックスは読んでみたい。
これは「別冊太陽」の特集を再編集した本みたいですな。

今、1冊読んでるんだけど
淡々としてておもしろいよ。
内容についてはわかんない単語多いけど
当時の若者はこれに飛びついたんだろうなぁと。
エッセイって感想書きにくいから
かけるかどうかはわかんないけど。笑
うたぎく | 2005/08/28 10:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/304
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■