地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 植草甚一スタイル | main | サンドラ・ヘフェリン:浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ >>

アルテイシア:59番目のプロポーズ

456822122659番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋
アルテイシア

美術出版社 2005-06-17

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あなたはわたしですか?
…と思うくらい面白かった。一気に読んだ。何回も読み返した。
友人に勧めたら、「毒っぽいところが似てる」といわれたけど、
この本にわたしは毒なんて感じなかった。
心で思っていることを出しただけで毒なのか?

わたしは、アルテイシアさんのように
58人に告られるような、美人なキャリアウーマンでも
モテ人生を送ったことはないし
アルテイシアさんや59番のように壮絶(?)な
家庭環境だったわけでもない。
でも。

ひとつひとつにうなづく。
合コンで出会う男子達の発言に、げんなりしたり
男の勝手さに傷ついたり。
同じだ。
もう、酒飲みながら話し合いたいくらいに!
わたしのこの墨塗り教科書のような過去を!笑

昔、合コンで出会った男に
「料理とかする?」と聞かれて、
マニュアル通りに「肉じゃが?」と答えてみた。
そしたらその男は前のめりになった。
「肉じゃがで男が釣れる!」というかつてのCMのように。
そのわかりやすさにひいた。
黙って、にこにこしてて、料理作れればいいんだ、
ほんまに世の中はこんなもんなのか!?と驚いた。
(まぁ違うという意見もあるんだろうけどさ)
ちょっと二人でお酒を飲んで盛り上がれば
「家に行きたいor家で飲みなおそう」と言い出す男子達にもひいた。
かわいい子が現れれば、こっちのことなんて
ありんこくらいにしか見ない男子の姿も見た。
「恋愛科学」系の本を読んで、
あまりの世界の簡単さに、やる気をなくした。


59番は確かに(かなり)変だけど
きちんと人と話すことが出来る子だ。
そうか、オタクっつっても、秋葉原にいるアニメ女子萌え、だけじゃ
ないんだなぁ。
と当たり前のことを思った。

大学の頃、男子も女子もないような環境で(わたしはな)
その頃、男子達はそれぞれいろんな知識を持ってた。
パソコンにやたら詳しい子。
音楽やデザインに詳しい子。
軍事オタクな子。
でも、大人になって、社会に出て気がついたら
周りにそういう子はいなくなってた。
いや、いるんだろうけどさ。
仕事であったり、モテであったり(?)
そういうものの影に隠れてしまうものなのかもしれないな。
平日はバリバリのビジネスマン。
週末は友人とイベント(?)や軽いスポーツぐらいで。
(想像で書いてるんで!)
いや、それはそれで構へんのやけど。傍目には素敵だし。
でも、そういう人とわたしは何を話したらいいんだろう。
アルテイシアさんと59番の会話を読んでたら
「共通の話題」っていうことを考える。
(アルテイシアさんの漫画の知識もものすごいもんだ)

もちろん、二人の結びつきはそれだけじゃないんだろうけど。
そして恋人達の結びつきにも色々あるんだろう。
はずみでやっちゃったんだけど、ずーっと長く続くカップルもいるし。笑

ヒキコモリだった59番がどうやって外に出られるようになったか。
人と話せるようになったか。
その努力の話は壮絶だ。
そしてそれを話させるだけの度量がアルテイシアさんにはあった。
それは形こそ違えど、世の中に感じてきた
様々な違和感が、不思議にぴったり合わさっていく瞬間だ。

つーか何がすごいって、
59番が今でもまったく調子にのらないところだよーー
(このあたりにわたくしの男子不信が…笑)


人気blogランキングへ
作家別「あ」行 | permalink | comments(9) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

おいおい。恋の悩みがあるなら、まずヲイラに相談しろよ。いかなる悩みも、細木のオバチャンも真っ青になるくらいに、ビシッ!と指導してやるぞ。

>はずみでやっちゃったんだけど、ずーっと長く続くカップルもいるし
こんなアホな真似は真面目にするなよ。女性は身がかたくなければなりません!

結婚は、ある意味では運命共同体になること。彼氏・彼女の関係とは訳が違う。よって、しっかりした人と一緒になりたいなら、自分がしっかりとした人間になることが一番の近道。男に愚痴を言っているうちは、そのレベルに合った男としか縁しないだろう。

特に女性は、結婚によって大きく人生が変わる。
良縁に恵まれることを願う!
デミアン | 2005/08/26 8:21 PM
笑。
今度(あるのか?)からそうする〜

愚痴ってのとはまた違うんだけどねぇ。
別に「いい男がいなーい」と思ってるわけではないし。
若い男は周りにいないが!泣。

ま、わたくしにとっての良い男が
他人にとっては「?」なこともあり
またその逆もあるけれども
「なんやそれは」と思うことは
どんどん多くなってきてるなぁ
いかんいかん。
負け犬体勢ではないか。
男子に夢を見てた頃が懐かしいっす。
そんな時代があったのかはさておき。
ま、それを乗り越えてしまえば
過剰な期待を抱かないだけ良いのかも?

>特に女性は、結婚によって大きく人生が変わる。
良縁に恵まれることを願う!

ありがとーう。

うたぎく | 2005/08/26 9:32 PM
遅くなりました。
書いてくれとねだって良かったよ〜。

うたちゅが、わかりやすさに脱力したり
「(略)そういう人とわたしは何を話したらいいんだろう。」てのわかる!
記号や条件に惹かれる気持ちもあるから
一概に薄っぺらなモノにつられる男子を軽蔑できないけどさー
心の奥底に響き合うものがあるとか
周囲への「壁」や「孤独」の感じ方が似てるとか
わかりあえる部分がないと、ぐっとこないよね。

59番が朝方見た家族の光景に涙した部分
非常にせつない。ワカル。
そして、アルさんが「オ●●と云えない相手とは付き合えない」とゲイナー氏スルーしたのも深く共感(笑)

つか、
なんでこんな時間まで起きてるのか私。
綾 | 2005/08/29 4:59 AM
綾っちゅ(はぁと

>心の奥底に響き合うものがあるとか
周囲への「壁」や「孤独」の感じ方が似てるとか

おう、いいこと言うじゃないか。
つ□ ザブトンドゾ

なんかね、いっぱいお話できる相手に会って
喋って、「わかりあえるかも?」と思った瞬間に「じゃあ、家で飲みなおそう」とか言われたりね。笑
今まで相槌打ってくれたのは、下心から!?と。
ひょっとしたら、本当に気が合ってたのかもしれないけど、
下心が早々に見えた時点でわやになっちゃう。
そういうタイミングが合うかどうかも重要だよねぇ。(しみじみ
59番がいつまでも手をださなくて
ただずーっとおしゃべりする日々が続くのが
すごく癒されるわ…いいなぁ…

59番がもてる人間に対して
「あいつらは敵だ」と認定しちゃうのもよくわかる。笑
もうねぇ、共感の嵐だったわよ。この本は。
アルテイシアさんの言うことも
59番が言うこともすっごくよくわかる。
今、MIXIで続きを書かれてるけど
それもまた…
サークルで理想的なこと語ってる男が
夜になると手を伸ばしてくる…のくだりなんて
笑ってしまったもの。
その通りよ!


>なんでこんな時間まで起きてるのか私

おーえる、だよね?(名言
今週ツライだろうそれじゃ。
うたぎく | 2005/08/29 12:48 PM
TBありがとうございます♪
(TB返しかな?)
ちあぼん | 2005/09/12 3:16 PM
確かに、一つ一つうなづきながら
読みましたね、この作品。
カノ | 2005/09/21 9:24 PM
カノさん。

コメントありがとうございます。

日々うなづくところは違ったりして
それもまた新鮮。
最近は、一人の女性だけをしっかり見ることができる59番のような男子…と思っています。わはは
うたぎく | 2005/09/22 8:26 PM
うたさま

ああ!
割と新しいのを読んだかと思ったら、これまた1年前でした・・・。
でも書かせてぇ。

美しい話でした。
アルさんと59番目の魂の癒し合いのごとき関係に、いたく感動しました。

万葉は「失恋は人を殺すからね」というフレーズに、ホッとしました。
失恋から立ち直るために、「たいした事じゃない」と思おうと努めたり、
周囲も「レベル低い男じゃん」「結婚前に分かって良かったよ」と
愛に溢れた優しい言葉で慰めてくれたり。
確かに、その通り、ザッツライト。

20代女子世界において、良い男性と恋愛・結婚 = 成功 の絶対的図式があり。
次へ次へと切り換え早い方が、年相応で、当たり前で、効率良いのは百も承知。
ええええ、万葉は損な生き方してますよ。融通ききませんがな。
んが!痛いよな、失恋は!心から血が流れるよな!
と、認めていただいた気がしました。

もちろん、死んだまま人生を終わらせるつもりは毛頭ありません。
でも「これは痛くない」と思い込むのも、時にはつらい。

しかーし。
59番目の生き様を見ていたら、ちり紙のように思えた昔の男も。
万葉の脳裏には、これまでに男性から受けた行動や言葉が去来し、
「浅い男とつきあっちゃったなぁ・・・」
とタバコの1本もふかしたい気分でした。あら、だめんずっぽい?

59番目、この先もずーーーーーーっと調子に乗らないこと、心から祈ります。
乗ったら、他人事ながら戦いを挑んでも良いです。
万葉は飛び道具の使い手です、遠距離戦なら負けませんことよ!
万葉の君 | 2006/06/05 10:20 AM
★万葉の君さん

>これまた1年前でした・・・。

カウント禁止。ぎゃーっ、1年前か!

>万葉は「失恋は人を殺すからね」というフレーズに、ホッとしました。

よい言葉だよね。
被害者(?)にもそうだし、加害者(!)にもそうだ。
それで、その後は少し躊躇してもいい気がするんだけど
逞しいといや逞しいよね!みんな!泣笑

>万葉の脳裏には、これまでに男性から受けた行動や言葉が去来し、
「浅い男とつきあっちゃったなぁ・・・」
とタバコの1本もふかしたい気分でした。

わははははは。
確かに!!!
うたぎく | 2006/06/05 11:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/305
この記事に対するトラックバック
ブログをふわふわ漂っていたら、こんな記事が紹介されていたのだ♪ SNS「mixi」が支える恋――オタクとキャリアの物語 「SNS」も最近のマイブームだからね。 ええ〜?っと思って、「mixi」で、実際にそんな人がいるのか検索してみたのだ。 実際、いらっしゃいま
「mixi」版エルメスさん?なのだ。 | 負け犬ちあぼんの恋せよ乙女?! | 2005/09/11 12:28 AM
[ 03 ] 恋愛に悩んでいる人に読んでもらいたい本 byカノ ■『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』 □ 眉間からイナズマ的恋愛! 58人の男性に言い寄られたキャリア女子、 アルテイシアさんがmixi(※)上につづった オタクとの恋愛が圧倒的な話題に
9/20号 59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋 | ど関西×読書人脈 | 2005/09/21 9:21 PM
賛否両論な彼女ですが、たまーに納得なコメントもある。。 「 仕事はできてカッコよくて優しくて……世間的にはいい男だけど、恋愛では人でなしになれる男、誠実な顔して天然で浮気性な男、身勝手な不倫願望を押しつける男・・・ 」 女性から見たダメ男らしいで
アルテイシアさん | *おさんぽブログ* | 2007/02/20 9:55 PM
BlogPeople
■古本市場■