地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 三島由紀夫:青の時代 | main | 飯田久恵:あなたの24時間が変わる整理・収納の法則 >>

「日本人よ、お金を使うな!」

4584185093日本人よ、お金を使うな!―健全な日本社会を創る処方箋
大槻 義彦

ベストセラーズ 1999-07

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


不況の今こそ、日本人はもっと賢くなって無駄な消費を抑えるべきだ。地域振興券に代表される政治家の愚策に騙されず、何をどう買い、どう節約すればよいかを、ヨーロッパ諸国のケチケチ生活に学びながらじっくり検討する。


やっぱ男と女は違うんかなー
某所で絶賛されてたので、読んでみました。
感想?
うーん、ちょっと古いのもあるからか、
おもしろくないわけではないんだけど…というかんじでしょうか?
男の目線ってやっぱり違うのかしら?
でもちょこちょこと外国(主にドイツ)の暮らしぶりが書いてあるのが
こういう本好きにはたまらない…

■日本人よ!車を買うな
  →日本の車は確かに丈夫だけどいらない機能は多いし
   その分価格が高い。
   レンタカーも新車ばっかりだからレンタカー代も高い
   …とそういう内容
   エンジンがどうやらガソリンがどうやら、という話は
   わたしがそういうの疎いせいかイマイチわからなかった。
   ディーゼル万歳★って書いてるけど、東京都は規制されちゃったしなぁ。
   環境には良くなかったわけで…

■日本人よ!電気を使うな
  →オイルショックの頃を知らないので、なんともだけど
   国民がいきなり買いだめ&節約に走ったわりには電気はみんな使いまくってた。
   実は、ちょっと国が電気を使わせなくするだけで
   国民の小さな節約なんてぶっとぶくらいの節エネになったのに!という話。

■日本人よ!マンション・一戸建てを買うな
  →カナダの回し者か?というくらいカナダ万歳★な文章が続くわけだが。笑
   でもまぁ確かに、日本のマンションは狭いのに無理やり仕切って部屋作ったり
   それが重なって高くなってる!という理屈はわからなくはない。
   カナダの間取りと日本の間取り、比べてみると間取り好きにはおもしろいなぁ。
   あと、カナダの都市は「うちの町の方が住みやすいで!」という競争を
   している云々という話は面白い。
   「物価」「医療」「文化的な生活の保障(コンサートや展覧会など)」
   「気候・風土」「治安」「教育水準」で評価基準があるのよ。

■日本人よ!ものを食べるな
  →無理だっつの。笑
   というか、無駄に作るな、食べ残しが出るようなつくり方をするなって話。
   作者が居候していたドイツの下宿の婆さんは、人数分の卵を用意しなかったと。
   半分くらいだけ用意して、早いものがち。もしくは下宿民の自治にまかせる。
   そうしたら絶対に残らない…という。笑

■日本人よ!デパートに行くな
  →わたしそんなにデパート行かないんで…わははは。
   潰れるデパートも多くて、その最後の大売出しなんてめちゃくちゃな金額で
   売ってるけど、デパート自体は儲かっている、と。
   ということは何割増しで売ってんねん!というお話。
   ま、デパートは「デパート」で購入、という見栄も一緒に購入するわけで。
   それが無駄と思うかどうか?という気もするなぁ。
   ドンキでブランド物買っても、買ったーという気しないしね…
   日本では、まぁそこそこの「ブランド」であるバーバリーは
   ヨーロッパでは庶民も着てる、とかね…まぁそう言っちゃおしまいなんだけどさ。

■日本人よ!電話を使うな
  →1999年、といえば携帯電話がだいぶ浸透しはじめた時期ですな。
   まだ基本料とかは結構高かった頃。
   auがまだセルラーだった頃。笑
   J-phoneよりもTU-KAの方が多かった時代。わはは。
   ま、とにかく携帯電話って無駄に高いよね、というお話。
   海外のホテルをとるときに、電話じゃなくってFAX…なんて話は
   今だったらパソコンで代用できるのかもねぇ。

■日本人よ!新聞を読むな
  →特にコメントなし。笑
   なんかちょっと論点が甘い。

■日本人よ、塾や教育にお金をかけるな
  →自分の子供はー、塾にも行かせなかったけど二人とも東大に行ったよー♪
   何それ、自慢?みたいな話もある。笑
   私は田舎ののんきな公立育ちなもんで、都会の教育事情には疎いからなぁ。
   授業があるような塾にも通ってなかったし。
   作者が提案する、どんどん授業よりもすすんじゃう手法って公文式のことかな?
   勉強が好き、もしくはできる子じゃないと塾はもったいない!って理屈はすごーく
   わかるんだけどなぁ。都会はそうもいかないのかもしれないしなぁ。

■日本人よ、旅行をするな
  →日本人って、超旅行好きなんだってねぇ。知らなかったよ。
   とにかく、航空運賃や鉄道の運賃が高すぎる!というお話。
   確かに外国の国内線ってものすごーく安いんだよね。
   4000円とかそんなんで飛ぶんでしょ?飛行機。
   うち、実家帰ろうと思ったら片道でも20000円くらいするよー。
   もちろん早割や特割ってあるけど、そういうんじゃなくて
   正規の料金が下がらないと意味ないよねぇ。
   利用者が少ないから高いのか?田舎のJRみたいに。
   作者は、海外のオープンチケットを旅先で往復のを購入して
   出張や研修に出かける、と書いてある。
   半額くらいなんですって…。

■日本人よ、旅館に泊まるな
  →日本人ですし、温泉地帯に育ったもんで温泉は好きなんですの。
   年に1回はどこかに出かけてはいるんだけど…
   やっぱさ、高いよね?旅館って。
   で、旅館のご飯っていらないよね?多いしさ。
   もちろん、大人気の名旅館!っていうなら泊まってみたい気もするけど
   やっぱり旅館に泊まるのはできるだけひかえよう、と思いました。
   一緒に行く人にもよるんだけどねぇ…。
   安けりゃビジネスのダブルベッド3500円とかでOK!という人と
   せっかくなんだし素敵なお風呂にー♪っていう人といるしねぇ。
   …って、そういう旅をする予定だったんだよ!この連休!風邪だ!ばーか!
   一人いくら、という宿泊料の設定はやっぱりおかしいと思います。
   
   日本の大手ホテルと、リッツホテルとの従業員の比較も面白かった。
   リッツはさすがリッツ!本も出るわ!という気もするけど
   比較された日本の大手某ホテルは怒らなかったのかしら。笑
   
■日本人よ、衣服を買うな
  →子供に5万円の服を買ってた人を見て、驚いた!という話です。笑

章によってはおもしろいのがあり、
章によっては全然おもんないのがあったりする本でしたわ。
男子が読んだら楽しいのかもしれないなぁ。性能比較っぽいのが多いから。
機械が!企業が!という論点は
女子、というか主婦系のどぎつい節約本なんかを読んでる身としては
ちょっと漠然して弱い気がするんだけどね。


人気blogランキングへ
その他エッセイ・雑学など | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ふむふむ。で、この人の言うとおりにやったら、日本の国がよくなるのかな?

>日本人はもっと賢くなって無駄な消費を抑えるべきだ
当たり前だ。ただでさえ収入が少ないのだから、無駄な消費を減らすのは当然の話ではないか。
ただし、無駄ではない本当に必要な消費は減らせないし、将来のために有効と思われる投資には積極的にお金を使うべきだ。特に一部「勝ち組」のお金持ちさんたちは。
最近、企業の業績が良くなっているなんて言われている。確かに利益は増大してきているが、利益の大元となる売上はほとんど変わっていない。利益=売上−費用と考えるならば、いま利益が増えているのは、費用削減の成果と言える。しかも、費用削減の大部分はリストラ等による人件費削減ではないか。
収入源を失った(or 収入が大幅に減った)人が世の中に増えたら、モノやサービスを買う人が少なくなる。それでどうやって企業の売上は増えるの?企業はいつまでダイエット作戦を続けられるの?税収の問題だって解決できないでしょ?
景気回復が本物になるには、まだまだ時間がかかる。中小企業の復活なくして、日本経済の真の復興もあり得ない。

>地域振興券に代表される政治家の愚策に騙されず
あれは愚弄なんかではなくて、公明党が自民党にうまく利用されたというのが本当だ。
公明党は高齢者に限定して地域振興券を発行しようなんて主張していなかった。高齢者に限定させたのは自民党だ。言ってみれば一種の駆け引きだね。公明党の地域振興券を部分的に認めるかわりに、いわゆる盗聴法を成立させた。それまで「盗聴法はどうやっても成立させるわけにはいかない」と断固反対の立場を表明していた公明党が、突然態度を変えたのは裏で何らかの取引があったとしか考えられない。

著者はミクロの問題解決でマクロの問題まで解決できると考えているのだろうか?
デミアン | 2005/12/23 8:31 AM
朝っぱらからどした…

庶民がいくら「景気よくしてんだ」って
お金使っても、お金持ちがぽーんと使うのとは威力が違うんだよねぇ。
日本のサービス業というのは画一的なサービスはまんべんなく提供するけど、
アドリブかきかないサービスでもあるな。笑
でも働く=景気がよくなる、というわけでもないしなぁ。

ほんとにほりえもんであれ、
誰であれ、お金持ちがどんどんお金を使うべきなんだよね。
日本で。

アメリカは消費文化によってなりあがってきた国だし、
逆に倹約一辺倒のヨーロッパは
経済自体は停滞してる。
だけどGDP(?)の上昇以外に
別の考え方もあっていいのかなぁと思うんだけど。ブータンじゃないけどさ。

ま、この作者はミクロな話しかしてないから…。
企業のやるままにお金使っちゃいかーん!という話で。
マクロになると、また別の人の管轄じゃないの?この人、物理学者かなんだかだし。

…ってあなたはあらすじだけで
長文でつっこんでられるが、
またわたしの文章は読んでないに違いない。
間違いない。
長井ってどこ行ったんだろう。

うたぎく | 2005/12/23 9:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/353
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■