地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 小森和子:流れるままに、愛 | main | 花村萬月:雲の影 王国記 >>

有吉佐和子:断弦

断弦断弦
有吉 佐和子

文藝春秋 1976-01


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


芸術院賞を受賞した地唄の名人菊沢寿久の演奏が、ラジオから流れてくる。その声、その三味線を、固唾をのんで聞いている邦枝の目に涙があふれた……。親に背いて二世と結婚し、異郷の地に去っていった娘と、ひたむきに芸の道に精進する父親との、愛と芸の確執を、精神気鋭の筆で描きあげた。著者最初の長編小説である。


エメラルドの色は、こんな音。
久しぶりの有吉作品。

これ、デビュー作なんだねぇ。
「地唄」という短編でデビューして、後から前後の物語を書いて長編になった本。

父親は盲目の地唄の家元。
そんな父親と二人で暮らしながら、仕込まれていた邦枝。
自分の芸を伝えられるのはこの娘しかいない…そう父親は思っていた。
だけど、娘は進駐軍の二世と結婚してしまう。
アメリカ人と結婚してしまったら、地唄はできんやないか!そう思う父親と
娘は離れてしまう。
許しを請い続ける娘を父親は徹底的に無視し、
やがて娘は夫に連れられて日本を離れていく。

意地で凝り固まってしまった寿久の元に、
女子大生が地唄を習いにやってくる。
今までの彼だったら全く受け付けなかった自由奔放な女子大生に
やがて心を解きほぐされていく寿久…。
そして登場する若い、新進気鋭の地唄の名手、菊守。
かつて一瞬だけ邦枝と恋愛沙汰があり、やがて寿久の元を飛び出し、
新しい地唄を持って、世間を驚かせる。
彼をめぐっての、地唄業界(?)の中の確執に
はからずも邦枝は巻き込まれていき…

寿久は盲目だからなのか、常に「目あき」に対する対抗意識みたいなものを
持っている。もうおじいちゃんになってもね。
あっちこっちにそういうシーンが出てきてて、それがちょっと切ない。
「今は手術で見える場合もあるんだって」なんて聞いたら
思わず落ち着かなくなってしまう。
そしてそんな父親とずっと一緒にいた邦枝は、色んなものに対する印象を
三味線の音を使って、父親に伝えようとする。
主に、色。エメラルド色はこんな音。サファイヤの音はこんな音。
その音を聞いて、父親は娘に言う。
「エメラルド色だったらお前に似合うやろ」
娘の顔すら見たことがない父親が、娘の姿形までを音で想像し表現する姿は
胸がぎゅっとしますよ。

ところで、
わたしの読んできた「芸道の追求」モノはどれも面白いのですが
ここで3人の作家がでてきます。
瀬戸内晴美宮尾登美子、そして有吉佐和子

この物語の続きを、瀬戸内晴美が書くと
多分、菊守と邦枝が出会ってどんどろどろどろな世界を繰り広げ
そこに地唄は常に流れ…みたいになるんだろうし、
宮尾登美子が書くと、この女子大生と邦枝がライバルで!芸をお互い磨きあって!
みたいになるんだろう。

そして有吉さんは、この物語を愛欲も嫉妬のカケラもないまま
さわやかに終らせてしまう。笑
この女子大生のキャラがちょっと不可解なんだよなぁ。
邦枝から物語は始まるけれど、気がついたら女子大生が中心になっていくし。
地唄も練習していたのを最後の方にはさっくりやめちゃうし。
仮縫」の主人公のような軽やかなキャラ。
この女子大生が居なかったら話はまた別の方向に行ったのかもしれないけれど。
まぁこれ書いたのが24歳の頃だったというのも理由のひとつだろうなぁ。

だからと言って、全く内容が薄いかというとそうじゃないんだよ。
それがねぇ、24歳なのに、すごいなぁと思うの。(しつこいか)
聞かねえもん、地唄。
温習会で、誘ってくれた姐さんに
「地唄ってなんですかー。地唄と長唄って何が違うんですかー」とか
聞くわたくしは27歳だもの!涙
歴史が云々とか読む分にはいいけど、調べて話組み立てようなんて思わないもん!

この「地唄」のデビュー作(短編ヴァージョン)と同じ頃に出たのが
石原慎太郎の「太陽の季節」で、
この二作はあっちこっちで賞取りを競り合って、有吉さんの方が常に次点だったのね。
えええー!?そうなのー?という気もするが…。
「太陽の季節」って別になぁ……うーん、とはいえ
当時の文学界は、こういう作家がばんばん出てきてた時代で
それはとてもおもしろそうだと思う。

人気blogランキングへ

有吉佐和子 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

http://www.adidas-ultraboost.us.com/ yeezy boost 350
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora bracelet
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike flyknit
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 5
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas yeezy boost 350 v2
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ ultra boost mens
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy 950
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 3s
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour stephen curry men
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.jordan11spacejams.us.com/ air jordan
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop uk
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 1
http://www.airmax90shoes.us.com/ vapormax
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop uk
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 14
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ rihanna puma shoes
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade new york
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin trainers
ドリフトliuyuzhen
kyrie irving shoes | 2018/05/05 8:51 PM
http://www.salomons.us.org/ salomon running shoes
http://www.katespade-handbags.us.org/ kate spade purses
http://www.katespadebags.us.org/ kate spade
http://www.eccoshoesoutlet.us.org/ ecco shoes
http://www.clarks.in.net/ clarks outlet
http://www.salomon-shoes.us.org/ salomon
http://www.boseheadphones.us/ bose headphones
http://www.ecco.in.net/ ecco sandals
http://www.bose.us.org/ bose headphones
http://www.stussy.com.co/ stussy
http://www.levis.us.org/ Levis
http://www.katespadepurses.us.org/ kate spade
http://www.levis.us.com/ levis outlet
http://www.timberlands.us.org/ timberland shoes
http://www.stussyclothing.us.com/ stussy outlet
http://www.adidas-eqt.us.com/ adidas eqt support
ドリフトliuyuzhen
kate spade handbags | 2019/01/12 9:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/377
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■