地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 辻邦夫・水村美苗:手紙、栞を添えて | main | JR20000km 全線走破 全記録パーフェクトBOOK 別冊宝島 >>

【番外編】旅に出てきました。

ただいま。

3月18日〜21日までちょっと旅に出てました。
普段はこういうネタは書かないのですが
ちょっと今回は番外編ということで…。

日程は以下の通り

18日(土)
伊丹→高知龍馬空港(!)へ

はりまや橋


土佐の高知のはりまやばーしで♪
という歌を知っているのは、
ライフカードの広末涼子のおかげです。
確かに「日本三大がっかりスポット」の名に恥じないがっかりさかげん。
とはいえ、家と家の間にかけた橋らしいし、
こんなサイズなんだろうな。実際。

 ↓
桂浜

かつらはま photo by う

想像よりも何倍もでかい龍馬さん

かつらはま2 photo byう

天気悪い(ノД`)・゚・
確かに、地平線しかない、こんな海みて育ったら
立派な子になるよなぁ…と思いましたが、
龍馬が育った街からはかなり距離があるので、実はそんなに来てないと思う。

 ↓
高知城 
功名ヶ辻」ですな。
高知の町は「利家とまつ」の二番煎じを狙う気力が充満しておりました。
土佐二十四万石博って、えらい中途半端。

うま photobyう
馬、買うてきましたー!



 高知泊

19日(日)

坂本龍馬生誕の地

う
う
のけぞっている赤子が龍馬、らしい。
(写真は龍馬歴史館で撮ってきたものです)

龍馬が生まれたまち記念館
 ↓
日曜市見学

近くには

う
近くには、武市半平太が自決した場所がありました。
(下の写真は龍馬歴史館で)
 ↓
土佐くろしお鉄道にて「野市」
龍馬歴史館


誰やねん。


岡田以蔵
サブタイトルは「挫折してゆく幕末の青春」なんだそうな。

新撰組のみなさん。

龍馬にしろ、土方にしろ、
司馬さんが書かなければ、歴史の中に埋もれていった人だったりする。

 ↓
土讃線にて、琴平へ。
こんぴら参り
 ↓
更に土讃線にて高松着

 高松泊

20日(月)

玉藻公園
 ↓
フェリーにて、直島へ
 ↓
ベネッセアートなんちゃら見学

現代アートはわからん。

 ↓
フェリーにて高松へ戻る
 ↓
栗林公園へ


あの、映画のロケ地らしいです。

 
 高松泊

21日(月)

菊池寛博物館
思ったより濃い展示物でした。

 ↓
高松よりフェリーで三宮
 ↓
帰宅


 


ある女子のたわごと | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

お帰り〜!!

旅いいねぇ。
観て回る所がいっぱいある所に行った事がない…(目的をもって旅に出た事が無いとも言う)

遠くに行きたい…(最近現実逃避中)


私は21日の夜から熱でぶっ倒れてましたわ…。1日で復活したけど(野生児だから)

うたちゃんも体調にはお気をつけて…。
ぼん。 | 2006/03/23 12:58 PM
ぼんちゃん★

ただいまー。
ももも目的のない旅に出るの?ぼんちゃん。
遠くに行くのも目的です…。
何をしても一人…ブツブツ
(写真は、カップルに撮ってもらいました。
そういう羞恥プレイを自分に課しました)

熱?風邪なの?大丈夫かい?
季節の変わり目だからねぇ。

わたしは花粉症だよ…
うたちゅ | 2006/03/23 10:58 PM
時を同じくして、わたくしは東大阪の司馬遼太郎記念館へ行ってまいりました。
入口のモニターも堂堂と言ってましたよ、
「司馬の手によって坂本竜馬は現代によみがえったのである」と。
元・高知 | 2006/03/25 8:07 AM
元・高知さま

その節は、わたしの
「メシ、どこか頼む」状態にレスありがとう。笑
結構まわったのよー。

司馬遼太郎記念館も行きたいよう。
とりあえず、4月後半目指して…。
うたぎく | 2006/03/25 3:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/382
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■