地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 【番外編】旅に出てきました。 | main | 「THE MYTH 神話」 >>

JR20000km 全線走破 全記録パーフェクトBOOK 別冊宝島

JR20000km 全線走破 全記録パーフェクトBOOKJR20000km 全線走破 全記録パーフェクトBOOK
「NHK列島縦断鉄道12000km最長片道切符の旅、JR20000km全線走破春・秋編」制作班 別冊宝島取材班

宝島社 2006-02-27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鉄道ファンの夢、JR全線走破を達成した関口知宏の鉄道旅の記録。「JR乗りつくし」徹底攻略、旅を終えてのインタビュー、歴代珍ステーション傑作選、時刻表対応乗り換え完全データなどを収録。


やりてええええ!!!
いや、鉄ちゃんというわけではないのですが。
すっかり旅行好き(国内)なわたくし。
電車はいいよねぇ?ね?

まぁ鉄ちゃんにも色んなタイプがいて、
その手のサイトもたくさんあるのですが、
ただ乗るのが好きな人もいれば、
やたら車両にこだわる人もいて。
車両にこだわる人の話なんかは「ポカーン」というかんじですが。笑
(「モハが」とかいわれてもな)

電車のよいところは、景色を見ることができることでしょう。
もちろん、それはバスでもいいんだろうけど。
でもバスにはない、何かがあるんだろう。電車には。
乗り継いでいけば、遠くまで行ける。
線路はどこまででもつながって、知らない場所へ運んでくれる。
あぁ、北斗星!←乗りたい

これはテレビ番組を本にしたもので
その番組自体はわたしは見たことがない
(と書いていたら、明日(25日)NHKにて再放送★)
だけど、一人でただひたすら電車に乗って、
そこで出会う景色や人や出来事や。
そういう話が嫌いな人ってそんなにいないだろう。
(じゃなかったら「世界の車窓から」があんな長寿番組なわけがない)
ただひたすら電車に乗り続ける苦行っぽさは
「どうでしょう」にも通じるなぁ。笑

この本の付録に、JR全線マップというのがついている。
自分の乗った路線を塗ることができるやつね。
塗りたいじゃないの!!
なんだこれは。日本人のサガなのか?
埋めたくなるよね、空白。
経県地マップも白場が気になって仕方がないわたくしですもの…。
ついでに白地図も欲しいです。日本でいいや。世界地図になっちゃうと
途方にくれてしまいそうだし。
…って本末転倒だよなぁ。旅行というイメージからは。笑

あと、そういう鉄道旅行系(主に18切符系)のサイトで気になっていた
「郵便局に行く」という行動の謎が解けました。
消印でも求めてんのかと思ってたけど
郵便貯金だったのね。
10円とか、その立ち寄った場所で入金して記帳するの。
そうしたら、「××郵便局」「○○郵便局」て印字されるから
つまり、何年何月何日にその地に降り立った、という証拠になるわけね?
やめて!!
そういうの弱いの!!!
ご当地キティに手をつけただけでもヤバイと思ってるんだから!!
どうすんだ、あの引き出しいっぱいのキティ!
(オタク気質の強い典型的日本人)

行ったところがない場所。
見たことのない景色。
それを象徴するアイコンのひとつは「駅」なんだろう。
そして、それを求めて電車に乗る人々は、
何かを埋めたい衝動にかられた人たちなのかもしれない。
自分の心の中の地図を広げたい衝動。

なーんてな。

関口知宏(関口ヒロシの息子だ)も嫌いじゃないんだよなぁ。
望郷」良かったものー。ほわーん。
明日、超楽しみ。ビデオ撮ろう。


人気blogランキングへ
旅にでませう | permalink | comments(7) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

どうも。土佐旅行+スパムコメント掃除ご苦労様です。
鉄道好きの人って多いっすよね。どの会社にもクラスにも必ず何人かはいますね。男子ばっかだけど。鉄道雑誌発売日の書店鉄道コーナーは熱気がすごい。立ち読み客で鈴なりです。

私もその一人ですが。


↓こんなんありますよ。
http://comics.yahoo.co.jp/shogakukan/kikutina01/tetukono01/shoshi/shoshi_0001.html

SLASH | 2006/03/25 2:44 AM
この番組、テレビがあるころたまに見てましたよ。
やってみたいよね、こういうの。

ちなみに私も軽度の鉄道おたくというか、駅フェチの気がありまして、
このまえ会社の人たちと山陰かにツアーいったときに
米子駅の0(霊)番乗り場を見たいといったら、
一同「どうぞ、いってらっしゃい」みたいな反応でした。
みんな、あと30mも歩けばねずみ男と鬼太郎に会えるのに……。え、ぼく独り?
みたいな。
元・高知 | 2006/03/25 7:27 AM
■SLASHさん

おお。発売日に鉄道雑誌を買われる方ですか!
この本を探すときに、鉄道雑誌コーナーに足を踏み入れました。
隣のコーナーは戦艦モノコーナーだったりで
まさに男子の世界だなぁと思ったですよ。
鉄子の旅、YAHOOで立ち読みしてきたー。
漫画喫茶行ってこよっかなぁ。
あの初乗り運賃で大回りってのは
この本にも書いてあったよ。

■元・高知さま

そうか、水木しげるの故郷だもんね。
京都にも0番線あるよね。
京都はホームの番号が日本で一番多いんだよねぇ。
(嵯峨野線の32番だったかね)
東京かと思ってたけど。
でも真ん中あたりの番号がごそっと抜けてる気がするけど。
つかそういうこと書く自分がちょっぴりイヤ。

うたぎく | 2006/03/25 3:31 PM
>発売日に鉄道雑誌を買われる方ですか!
一時期『鉄道ジャーナル』を毎月買ってました。十二年程。数年前に「なんか惰性で買ってるな」と感じて以降は立ち読みで済ませてるんですが。
中身は周知の通り「モハが」「キハが」の大爆発です。健全な人にはあまり価値のない情報(例:首都圏の205系情報)が満載でございます。趣味の小宇宙、てやつでしょうか。

うたぎくさんは購読している雑誌はあるんですか?
SLASH | 2006/03/28 10:27 PM
SLASHさん

12年って長いぞ笑

定期購読って「学習と科学」以降ないなぁ…。
あんまり雑誌は買わないんだ。
女子のマストアイテム、ファッション誌すら。わはは。
趣味系といえば、小学生の頃、
音楽雑誌はよく買ってました。
GBとかPATIPATIとかRJとか…
学生の頃は写真系のはちょこちょこ買ってたかなぁ?
でも気になる記事がないと買わなかったし
そう思うと、がっつり系の趣味ってないかも、わたし…
うたぎく | 2006/03/28 11:29 PM
「今月買ってしまったものー」がなんか鉄分豊富な感じになってきてますね。うたぎくさんの「鉄子への旅」が始まったんでしょうか。鉄業界は女性比率が極めて低いので入ったらもてまくるですよ。男性比率の低さゆえ老人ホームでもてまくるおじいさんのごとしです。

よくわからんたとえでしたが、とりあえずカメラをもって京都駅をうろうろしてみましょう。声かかりまくりです。
SLASH | 2006/04/12 1:52 PM
SLASHさん。

あー、いたいた。「ごめん」駅で
嬉々として写真をとっている、絶妙な男子2名が…。
邪魔者扱いされたよ。笑
展望デッキ付の車両で…げふ。
いや、人生をかけるような趣味があるのは
うらやましいかぎで…

ま、声をかけるような、人なつっこい男子であればよいのでしょうが、
多分、そういう人は少ないと思われますw
電車の写真(?)は変わった電車だったりすると記念にとったり
駅の看板もとったりしがちで
しかも持ってるカメラが一眼レフなため
傍から見れば、わたしもかなり鉄分豊富…

宮脇俊三、おもろいねぇ…。
あのくらいがいいです。
うたぎく | 2006/04/12 11:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/383
この記事に対するトラックバック
      NHK-BSで関口知宏の列車の旅シリーズが新たに始まる。今回は中国1万7000kmだそうだ。実はこのシリーズについては詳しくは知らないのだが、初めは日本全国の鉄道を乗りつくす旅だったと記憶している。NHKらしい贅沢な企画と、親の七光りを思わせるタレ
関口知宏の新たなる旅 | 晴走雨読 | 2007/04/05 12:16 PM
BlogPeople
■古本市場■