地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 有吉佐和子:真砂屋お峰 | main | 気がつけば香ばしい雑誌に・・・ >>

祝!京極堂映画化!



姑獲鳥(うぶめ)の夏京極 夏彦おすすめ平均
新しい解釈
ついに読み始めてしまった
見えるもの、見えないもの

Amazonで詳しく見る4062638878



ついに映画化!!
京極堂シリーズ映画化! 第1弾主演は堤

 直木賞作家京極(きょうごく)夏彦氏(41)の人気小説「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」が映画化されることが27日、分かった。主人公の名探偵、京極堂こと中禅寺秋彦を堤真一(39)が演じ、共演陣も永瀬正敏(37)阿部寛(40)宮迫博之(34)に加え、2役のヒロインに原田知世(36)など豪華な顔ぶれがそろう。既に8作が発表されている人気ミステリーだけに、製作側は横溝正史「金田一耕助」のようなシリーズ化を予定している。来夏公開。
 ミステリーファンに絶大な人気を誇る「京極堂」シリーズがついに映画化される。94年に第1作「姑獲鳥の夏」が出版されて以来、映画化権の争奪戦が展開されたが、いずれの企画も京極氏の許諾を得られなかった。日本ヘラルドなど製作側の熱意と、魅力的な俳優陣の出演が実現したこともあり、同氏も映画化を快諾。脚本作業にも協力している。
 小説は古本屋の主人、陰陽師、探偵の3つの顔を持つ男、京極堂の活躍を描くベストセラーで、今年「後巷説百物語」で直木賞を受賞した京極氏のデビュー作。発表された8作はいずれも30万部以上の売り上げを記録。スリリングな展開、昭和27年前後を舞台にした独特の雰囲気、さらに「この世には不思議なことなど何もないのだよ」の決めゼリフを持つ博学の主人公や周辺人物らの個性的キャラクターなどが人気となり、書籍紹介誌ダ・ヴィンチで「映画化してほしいミステリー小説」の1位として取り上げられたこともある。
 京極氏が納得しただけに、配役は豪華そのもの。京極堂には「知性が表現できる演技力の持ち主」として堤が抜てき。京極堂の友人で事件にかかわるきっかけをつくる小説家役は「巻き込まれキャラクターが似合う」と評価された永瀬に決まった。財閥の御曹司で不思議な能力を持つ私立探偵・榎木津礼二郎には阿部、榎木津の幼なじみの刑事に宮迫、事件のカギを握り、2役となるヒロインを原田が演じる。演出は実相寺昭雄監督(67)が手がける。
 製作側は既にシリーズ化を視野に入れ、明智小五郎、金田一耕助に続く名探偵キャラクターとして定着させるつもりだ。作品イメージも市川崑監督らが手がけた横溝正史「金田一耕助」シリーズの雰囲気を狙っている。公開時期はハリウッド大作がずらりと並ぶ来夏を選び、全国200館規模で公開予定だ。(日刊スポーツ)

出典URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040628-00000031-nks-ent


阿部ちゃん・・・阿部ちゃん・・・・

・・・と、呆気にとられてしまいました。

弁当箱のような分厚さの文庫本。
しかも始めの100ページくらいは、京極堂の薀蓄&関口の妄想・・・ということで
中々読み進まないのだけど
その後は、めくるめくようなおもしろさでございます。
京極夏彦のファンはものすごくコアだし、この本も色んな角度から読む人がいるので
あんまりでかい口は叩けないのですが・・・。

もう、キャラがね。登場人物のキャラをつかんでしまえばあとは
キャラのおもしろさだけで読みます。私は!
なんてったって榎木津ですよ。美形の貴族の探偵の超能力者。
だから阿部ちゃんがね・・。いや、阿部ちゃんは好きなんだけど
どうみてもこれはガックンにやって頂きたかった!
後、各登場人物が別の人物を罵倒するときのセリフの秀逸さ。
よくこんな罵詈雑言を思いつけるなぁ。

それと空気感。
戦後まもない日本の殺伐としつつ活気のある、空気。
京極堂の店の中の古い木造の家と、古本のまじった匂い。
昔の日本の良さが妖怪話と相乗して、
これは、今の日本じゃないなぁ・・・というかんじがすごく好きだ。

・・・読んだのが4年前なんでこんな紹介の仕方でごめん。
また読むわ〜。映画化記念で!
京極夏彦 | permalink | comments(7) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

うたぎくさん、こんばんは。
突然トラックバックしてしまい、申し訳ありませんでした。このニュースに興奮してしまって、検索して同じエントリーを書いている方にトラックバックをさせていただきました。
どもども!ご来場ありがとうございました。
たしかに、えのさんのぶっこわれキャラを、阿部ちゃんがどこまでできるかですね。
「既にわかっているじゃないかぁぁぁ!」といったセリフの、「ぁ(ちいさい)」の余韻を、彼がどうできるか・・・。

僕は期待しちゃってます。

うたぎくさんは、どのキャラを期待していますか?
hayate | 2004/06/28 6:57 PM
弊サイト掲示板でも話題騒然です。
京極夏彦はよく許可をしたな・・・
らぶナベ | 2004/06/28 7:58 PM
早速のトラックバックありがとうございました。
まだまだできたてのブログですが、
どうぞ、ご活用ください!^o^

これからも、よろしくお願いします!

きまぐれT | 2004/06/28 8:14 PM
あら、ついに映画化。
映してどうこうなる作品かね?

あの興奮とドキドキ感は
分厚さを乗り切った先にしかないと思うけど・・・
Tri-PRIDE | 2004/06/28 11:38 PM
■hayateさん

宮迫が木場ってのがちょっとひっかかりますねぇ。
今井でしたっけ?骨董屋の。
「うぶめ」には出てこないけども、
宮迫には今井をやって欲しかったなぁ。
「この亀がっ!」っていうのは宮迫のためにあるセリフだと。
やっぱり中禅寺役の堤さんに期待です。
あの長セリフを淡々というところは
結構似合いそうだ。


■なべさん

今まで相当煮詰めたんだろうなぁ。
うぶめでこけないように祈るばかりです。
シリーズ化もするようですので
京極さんにはどんどん書いていってもらわないと(笑

■Tri-PRIDE さん

映像化はしやすいとは思うんだけど、(雰囲気的には)
完全にキャラ重視の映画になりそうですね。
あの最初の長セリフをどこまではしょってしまうのかが
注目ですねぇ。
変にCGとか使わないで欲しいなぁ。
ダークトーンで淡々と攻めて欲しいっすね。

うたぎく | 2004/06/29 9:46 AM
Tバックどうもです♪
私も送ってみました。
地味なギモン。
京極堂&関の奥様達は誰がやるのかしらん・・・
特別出演でキレイドコロ希望。
| 2004/06/29 5:05 PM
綾ぱん

年齢が30代後半〜40代前半でしょー?
そのくらいの年齢のキレイ系女優って誰だろう・・。
これって原作はもうちょっと若いよね?確か。
鈴木京香とか?派手すぎるな。

中禅寺の妹は深津絵里なんですよ、わたしの中で。

木場さん、今井雅之か、極楽の加藤ってかんじだな。
「下駄のような顔」であの喋り方のイメージで・・ですが。
うたぎく | 2004/06/30 12:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/39
この記事に対するトラックバック
おおぅ!なんという感動でしょう! 大好きな京極先生の「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」が映画化されます!これが映画化されるってことは、うまくいくとそのあとのシリーズも映画化されるって可能性もありますよ! 詳しくはYahoo!ニュースをチェック! http://movies.yah
拝啓 林檎さま Tigger公式発表おつかれさまです。 母さん、あまりPC強くないんだけど、日経見てほろりときました。 窓に負けず頑張ってください。 ・・・今日の気にったニュースもうひとつ。
血で血を洗う | 仮設weblog | 2004/06/29 4:59 PM
うわぁー。知らなんだ。ついにやるのか、京極堂シリーズ映画化。しかも、うぶめです
姑獲鳥の夏、映画化っ!? | ライオンは起きているか | 2004/08/31 11:28 AM
BlogPeople
■古本市場■