地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 宮脇俊三:時刻表2万キロ | main | 花村萬月:ジャンゴ >>

花村萬月:鬱

鬱
花村 萬月

双葉社 2000-06

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いちばんの快感は、他人の意思、あるいは意志をねじ曲げることである。小説とは文字を書き連ねることではなく倫理をつくり上げること。小説を書きたい響は、尻切り魔事件に興味を抱き夜の街に出ていくが…。

本をたくさん読むことを恥ずかしいと思う年頃はとっくに過ぎ・・・苦笑
美少女綾っぺ(笑)の、
「机の中にこの本の抜粋が!しかもエロ部分だけライン引いて!」というネタといい、
萬月さん襲撃事件(多分、2年くらい前かな)にしろ
なんだかよく話題にのぼる、この本。

鬱というタイトルが、物語に合っているのか
物語がタイトルに合っているのか、
ただぐるぐると回る物語。
主人公の響は、萬月さんの他の物語の主人公達とは一風変わったキャラクターだ。
暗い。
そして他の主人公達のように、突然もてだしたりしない。
犯罪者ってこういう人のこと言うんだろうなぁ・・・としみじみと思う
日常のちょっとした狂気。
それによって、高速を車で飛ばしたり、
尻切魔に扮して、女子高生に切りつけたり
赤ちゃんを地面に叩きつけたり、する。

だけど、現実社会の、他者から見える響は
弱い、ただのフリーターだ。
パン工場の夜勤のバイトの中で、一番強い人間にへりくだったりする。
そんな自分に我慢ができない、自意識もありつつ
だけど、自信がない。
文章をかけていない自分。腕力のない自分。カリスマ性もない自分。

そのあたりの鬱々とした空気感がうっとおしいんだけれど
おもしろいなぁと思う。

尻切魔として出会った女子高生由美子も、
周りとうまくあわせながらも、自分をもてあましている。
それを発散するために、多少エキセントリックに振舞ってみたりする。
出会った二人は、やがて二人の世界を作ろうとする。
言葉で。そしてセックスで。
あまりにも観念的すぎて、しょっぱいほどだ。

それとは正反対に、由美子の同級生の蓉子と
パン屋のバイトのリーダーである青田は
野生的ですらある。
響や由美子が、どんなに手を伸ばしてもたどり着けない世界、
そこにやすやすとたどり着く二人。

ぐるぐると話は巡って、
だからどうということもない。
二人の先に、新しい未来が輝くわけでもないし、
この二人は、これからももがきながら生きていくしかないんだろうなぁと思う。
最後、由美子と響がセックスをしながら延々と交わす会話のシーンは壮絶だ。
壮絶で、言葉で何かを作り上げようとする人々のもがき。
この言葉の洪水をきちんと受け止められる人間に出会うこと自体が
奇跡のような気もする。

萬月さんの本は全体的にセックスシーンが多い。
だけど、読み終わったときに「えろい本や」とは全く思わないんだなぁ。
そういうシーンばかり(?)なのに、あんまりえろさ(?)が
記憶に残らない。

冒頭の部分は、
響が初めて由美子の部屋に入ったときの会話に出てきた箇所。
由美子が手当たりしだいに読み散らした本を響に見られて
恥ずかしそうな態度をとるシーンね。
っていうか、普通、あんまり本棚って見られたくないだろ・・・。
「うちにいっぱい本があって」なんてセリフは
蔵書が1000冊近くなってから言って欲しいもんです。わはは。
(とはいえ、わたしもだーいぶ減らしたぞー。半分くらいにはなったかなー)
あー、でも最近、友達の家行っても本棚なかったりするなぁ。
みんなどこに隠してんの?


花村萬月 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

美少女じゃないっす。

考えれば考えるほど後ろの美少年の席と
間違えられたんじゃないかと思う。
「尻」をフィーチャーしてたから笑

突然もてだす男主人公より
犯罪者とか自意識を持て余す人の痛々しさ
のほうが面白いかも。

敬遠してたけど読んでみようかしら。
綾 | 2006/05/22 2:38 PM
綾へそ。

笑。
でも残念ながらホモは出てこないのよ。
しっかしそんなことあるんだなぁ。
高校生で萬月読んでるのもすごいし
そういう使い方(?)をするのもすごいや。
そういう人の痛々しさも興味深い。
深入りしたくないけどさw

自意識をもてあます痛々しさは
萬月さんの本にはよくでてくるなぁ。

ま、これでなくてもいいのでw
読んでみほ。

うたぎく | 2006/05/22 10:15 PM
個人的にはもてる男主人公になりたいと思う今日この頃…
最近本読んでねえなあ…
赤メガネ | 2006/06/09 12:00 PM
赤メガネさん

>個人的にはもてる男主人公になりたいと思う今日この頃…

わたしももてる女主人公になりたいです!
でも、もてる女主人公に対しては
共感できない自分が哀しい・・・

うたぎく | 2006/06/11 12:12 AM
僕は本当に好きな女の子にだけ
想われたいです!なんつって。

そんなにうまくいくはずもないですが……
何でかなあ……
clown | 2006/06/13 1:05 PM
clownさん

>僕は本当に好きな女の子にだけ
想われたいです!なんつって。

そうなのー。いらんモテはいらないのー!
はぁ。うまくいかんもんですなぁ。

・・・って何のコーナーになってんだここは。

うたぎく | 2006/06/13 10:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/399
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■