地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「悲情城市」 | main | まのとのま:無敵の上海 >>

「私の頭の中の消しゴム」

私の頭の中の消しゴム私の頭の中の消しゴム
イ・ジェハン チョン・ウソン ソン・イェジン

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-10

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『四月の雪』でペ・ヨンジュンと共演したソン・イェジンと、『MUSA 武士』のチョン・ウソンによる不朽の愛の名作。韓国映画界におけるラブストーリーの女王と美形カリスマ俳優が、不治の病と闘いながら、きずなを深めていくカップルを熱演する。“若年性アルツハイマー”という重いテーマを扱いつつも、最後まで希望を捨てないエンディングは秀逸。今までの韓国映画とは一線を画す、美男美女による格調高い恋愛ドラマ。
(シネマトゥデイ)

やり過ぎ。
これ、日本でやってたテレビドラマを韓国で映画にしたのね?
ドラマは見てないけども。
一時期日本も「泣ける!」ってのがほんとうざいなーという時期がありましたが
お隣の国は更に上を行きますな。
泣くと聞けば、すぐとびつく、みたいな。

しかも泣かせるパターンが同じだ。
あんまりパターンが続くと色々安っぽくなりますなぁ・・・。

最初の出会い、少し反発しあいながらも惹かれあう二人。
そしてこれでもか!これでもか!と続く、
二人の愛を深める小さなシーン。
男は結婚とか愛を信じてなくて、女がそれに気づかせるような。
男の母親にお金を貸すように説得したり。

やがて、女がおかしくなっていく。
最初の頃は「天然・・・?」と思っていた物忘れがシャレにならなくなっていく。
病院では「若年性アルツハイマー」という診断。
二人の愛の日々に亀裂が生じ始める。
家中に貼られたたくさんのメモ。
男は仕事をしながらも、彼女を守るのは自分だとかたくなになる。
彼女の両親が看病に彼女をひきとろうとしてもだ。

女はやがて男を忘れる。
前の不倫相手の名前で男に向かって呼びかける。
「愛してるわ」と。
あるとき、その不倫相手が彼女の家にやってくる。
記憶のおかしくなった彼女は、不倫相手を見て
その当時の自分に戻ってしまう。
そしてそのシーンを見てしまった男は・・・

・・・殴りすぎ。
死ぬから。
不倫相手こそ、いいとばっちりだよなぁ。
彼はそこで、何で彼を殴ったのか。
その不倫相手に対する憎しみ?
今まで溜まってたストレスとか、そういうのを発散??
どのみち殴りすぎだ。
一発くらいだったら同情したのにさぁ・・・

出演してるソン・イェジンはとってもかわいいし
チョン・ウソンは男前だ。
だから前半の、病気が発覚するくらいまでのシーンは
なかなかいいと思うんだよねぇ。
あのこれでもか!という幸せシーンも、後のことを考えたら
別に不快感はないし。
それでも、
時間の制約かもしれないけれど
後半の病状の進み方があっという間だ。
そして、きれいな物語にしようという姑息な手段が
現実から乖離させてしまって、薄っぺらい。
確かに、ストーリーをなぞれば、「泣ける」映画なのかもしれないけど
この映画では泣けないぞ。
なんだよあのコンビニの最後のシーンは。
現実はそこから始まるはずなのに。
そこから始まってこそ、あの前半の幸せなシーンが引き立つというのにさ。
彼の苦悩も彼女の苦悩も伝わってこない。
そして彼女の病気は二人だけの問題では決してないはずなのになぁ・・・
ヒマにまかせて映画鑑賞(その他アジア) | permalink | comments(0) | trackbacks(5)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/443
この記事に対するトラックバック
 若年性アルツハイマーを素材とし、自分を認識できぬ相手を愛することができるかという切実な問題と真摯に向き合った作品です。  韓国映画おなじみ
私の頭の中の消しゴム | シネクリシェ | 2006/10/05 5:55 AM
ソン・イェジンは清楚な正統派美人女優。
ソン・イェジン | 韓流スター情報館 | 2006/10/23 9:56 PM
チョン・ウソンは、ストイックな役柄を演じることが多いが、温厚でユーモアのある人気俳優。
チョン・ウソン | 韓流スター情報なび | 2006/11/05 12:40 AM
大工チョルス(チョン・ウソン)は工事現場で働く無愛想な男、社長令嬢スジン(ソン・イェジン)は少々おっちょこちょいだが純粋な女性。と思った次の瞬間、「彼女」は前に座っていたおじいさんの頭にものの見事にリバース。
私の頭の中の消しゴム | 韓流スター情報館 | 2006/11/16 3:37 PM
韓国映画「私の頭の中の消しゴム」が日テレでドラマ化されます。生きるということを痛切に感じさせてくれる素晴らしい映画でしたよね。今回のリメークでは深田恭子さんと及川光博さんが主演します。...
頭の中の消しゴム 再度リメイク | ネット丸トク情報 | 2007/01/31 4:01 AM
BlogPeople
■古本市場■