地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「ふたりの人魚」 | main | あけまして >>

花村萬月:渋谷ルシファー

渋谷ルシファー渋谷ルシファー
花村 萬月

集英社 1994-03

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


桜町は、いま渋谷・道玄坂でルシファーというバーをひらいている。そんな一夜、映子18歳が突如、訪れたことから、桜町みずから封印していた苦い出来事が強烈によみがえる。迷路にはまりこんで青春、凄絶で不器用な愛と別れ―。さまざまな恋のありさまを、ブルースの旋律にのせて描く。


いい奴らになったなぁ(ノД`)・゚・
ゴッド・ブレイス物語」の続編です。
でも最初は続編と言われなければ気がつかないように物語は始まる。
渋谷でブルースを流すバーをひらく桜町。
そこに来る客は、かつてのバンド仲間で、肝臓を壊している松村。
渋谷に根ざすヤクザ達。
そこにふらりとやってきた映子という少女が桜町の過去を揺さぶる。
バンド時代に愛した女。その娘である映子。

そして、映子がファンであったバンド、ゴッド・ブレイス。
ボーカルである朝子は映子の才能に目を留める。
映子はプロへの階段を踏み出すが、
その道の前には、天才ボーカリストであった亡き母親の姿や、
さらに朝子の影が邪魔をする。
ルシファーに出入りするヤクザとの恋。
その姿を愛したヤクザの上役。
桜町と母親との恋。
それを見守ってきた松村の姿。
尊敬し、やがてライバルになる朝子。
重圧に押しつぶされて、ヤケになっていく映子だったが・・・

いやぁ。いい奴らになったなぁ(つд`)
前作の「ゴッド・ブレイス物語」ではヒロインなのに妙に影の薄かった気がする朝子や
健の姿が、もううれしくてねぇ。
朝子もすごくいい女になってるし。このいい女っぷりが、突然出てこられると嫌だけど
ゴッド・ブレイス」で迷走してたのを見てるから感慨深い。
子供だった健も、年齢の割に妙に観察眼のある大人びた男子に育って、
映子を支える姿がとっても健気で良いなぁーーー!!と思いましたよ。
こんな風に成長できるなら、時間の流れも捨てたもんじゃないよなぁ。

映子の母親の存在感の強さや
全てを見守ってきた松村の愛情の方が痛々しくて
物語の中心となるというか当事者である映子や桜町の存在が
なんとなく霞んでしまう気がするけど、
(というかなんかガキっぽくて。桜町なんてええ大人やのに)
この人達も、やがて前作での朝子達みたいに
立派に育つのであろう。←誰。
でも相変わらずブルースを全く知らないので
「悪魔がグレイ・ハウンドバスに乗ってやってくる」だの
「わたしが死んだらハイウエイの傍に埋めて」だの
「空が鳴いてるぜうぉおおお」と言われても
イマイチさっぱりこないところが難点なんだよなぁ・・・
花村萬月 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

花村萬月は未体験。キャラが立ってるシリーズ物が好きだから、これ良いかも。あとで物色しに行くとしようへっへっへ。東京ドメスティックな気配も興味をそそるので。

デスノート談義の続き

>で、最後、ライトがいきなり破綻していくのが納得いかなかったのね。

たしかにいきなり破綻する玉じゃない(笑)よね〜〜〜!彼は。あの様はテレビのサスペンス物でばれちゃった犯人と大差ない、時代劇で桃太郎侍に咎められてる悪代官と(以下略)。

>>映画後編もひっくるめて、わたしにとってのデスノートがやっと完了したという気分だな

>このセリフ、心の中に男子中学生を飼ってるかんじっぽくていいな笑

そうそう。男子中学生(たぶん童貞)はオレンジレンジになりたいとか思ってるし。PCの件といい、蝶パでの発言覚えていてくれたんでしょうか^^。最近は、新たな「気短かな江戸っ子じいさん」キャラの天下になりつつありますが中坊も健在です。じいさん、こんど紹介させてください。

Lの映画もできるのよね♪漫画のLの食欲と甘味でふくらむほっぺたに釘付けだった私は楽しみです。Lの松山ケンイチさん、ほっぺの質感もなかなかです。

そうだ!絶版になってた本が復刊されてたから嬉しくてタレこみに来たんだった!昔、講談社文庫で「雪の談笑男娼 じゃなくて「雪の断章」とか出してた佐々木丸美という作家さんの「崖の館」が創元推理文庫で出てたのを昨日、書店パトロール中に見つけたので。未読の本なのも嬉しい。作家さんは昨年末に亡くなられたようでとても残念だけど、続々復刊されるようなので、うっかり捨てちまった私はそろえる気満々です。

<最近読んだ本>
小川洋子 ・寡黙な死骸 みだらな弔い
     ・密やかな結晶
新井祥  ・性別が、ない!´

萬月さんは読んだら、改めて書きます!残りの年賀状書かなきゃー! 
Sonny | 2006/12/30 10:16 AM
あけましておめでとーう★
今年も良き一年になりますよう。

ところで、年末?の深夜にテレビで
デスノートの前編やってました。
途中から見たんだけど、
なかなかおもしろかったよ。
よく出来てるなぁと思いました。

>男子中学生(たぶん童貞)はオレンジレンジになりたいとか思ってるし。

大爆笑。
オレンジレンジって「なりたいもの」なんや。かわいいし。

>佐々木丸美という作家さんの

のーん。わたし知らないわぁ・・・
綾っぺとか詳しいかなぁこの辺。


うたぎく@遅レス | 2007/01/08 11:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/473
この記事に対するトラックバック
香港の大繁華街モンコクに住む従兄アンディを訪ねたマギーは、ギャング組織に身を寄せ、すさんだ生活を送っている彼に反発しながらも、心ひかれるものを感じていく。度重なる抗争に疲れていた彼もまた、彼女のもとに身を寄せるように。しかし彼は、弟分ジャッキーの
いますぐ抱きしめたい | 1-kakaku.com | 2007/01/09 7:07 AM
BlogPeople
■古本市場■