地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「紫日」 | main | 村上春樹・安西水丸:村上朝日堂 >>

村上春樹:ダンス・ダンス・ダンス

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2004-10

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


失われた心の震えを回復するために、「僕」は様々な喪失と絶望の世界を通り抜けていく。渋谷の雑踏からホノルルのダウンタウンまで。そこではあらゆることが起こりうる。羊男、美少女、娼婦、片腕の詩人、映画スター、そして幾つかの殺人が。デビュー10年、新しい成熟に向かうムラカミ・ワールド。

しまった!先に読んじゃった!!
これは「羊をめぐる冒険」が先にあるのね?
しかも「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」ともつながってるのね?
これ、つなげて読んだら、もう少しいろいろわかったかもしれないのね?(わかんなかったらしい)

でも、ほら。
春樹好きが喜ぶ言い回しがたくさんあったよ!
「調教されたレタス」とか…。調教されたレタスってなんだろう…。
紀ノ国屋に売ってるって書いてたから、きっと高級食材なのよね。
「きちんとした食事をしよう」って出される食事は、高そうでおいしそうだけど
でも、わたしはダンキンドーナツを一度もおいしいと思ったことがないのよ、春樹。

本好きな人というのは、「情報好き」な人なんだと思う。
その「情報」とは、テレビでやってるおいしいご飯屋さん特集ではなくて
いわゆる「物を見分ける目」というのを得た感触が好きなんだろう(私も含む。ぇぇ)
どういうものが「上等」だと思うのか、それはおおざっぱな分け方もあれば
微に細にわたり、というものもあるだろう。
目から鱗が落ちる感触も好きだし、
自分がほんのり思っていることを上手に言い当ててくれたときにも膝を打つ。
小説家、という人の一部は、そういう人生観や美的感覚のようなものを早く確立して
それに則った文章を書ける、物語を紡げる、って才能を持った人なんだろうし
(すべてとは言わないが)
それは今に始まったことではなくて、「枕草子」よりたぶん昔から存在する技法なんだろう。
で、その感覚や言い回しに共鳴した人が熱烈なファンとなり、
たまに、その言葉だけが独り歩きするときもある。
(この「調教されたレタス」も、
 「ノルウェイの森」の死後30年経たない作家…のくだりはなぜか読む前から知ってた。なぜだ)

なので、そういう言い回しが出てくるたびに
思わずニヤニヤしてしまったのでした。
(時間があれば書き出したいと思うのだけど、読んでるときは
 読むのに夢中だからねぇ…。読み終わったら「ハイ、次の本!」ってなるし)

それにしても。
春樹の小説って変だよねぇ…。
「この人、エキセントリック狙い?」と思うもんなぁ。たまに。

広げた風呂敷を広げっぱなしというか。
ミステリー仕立てにしちゃ、別にあっと驚く結末があるわけでもなく
不可思議な展開が、妙に日常的に帰結してしまうし。
(殺人犯は、あっさりと「僕がやったんだ」と言ってしまう)
伏線に見えた数々のものが別に伏線でもなんでもなく通り過ぎるだけだし。
なんなんだろう。
でも、読んでる最中はおもしろいんだよねぇ。
終わってしばらくして「ぅぅ」と思うんだけど。

あのホテルは結局なんだったんだとか
キキは結局誰が殺したんだとか
もうなんかもういろいろ。
まぁ読み終わってみると、別にどうでもいいんだけど
けどさぁ。

ま、もちろん、私たちの日常生活においては伏線なんてないわけだし
(自分で伏線張る人いるけどね、たまに)
出会った人のほとんどはそのまま、過去に流れていくわけだし。
そのほとんどは、私たちの人生にはあまり関係ないことを
会話の中で喋っているわけだし。

相変わらず、ピンからキリまで変った人が次々と現れて
好き勝手にべらべらとしゃべって、去っていくわけですが。
個人的には五反田くんが好みでした。
彼が、ほっとして主人公にべらべらとしゃべってるところがほんとにいい。
だからといって、主人公が別にそれに影響されて成長していくわけではなく
主人公は主人公で、控え目に確固たる考えを持ってる。
じゃないと、影響されて流されちゃうんだけど。

「僕は、ただ、ダンスのステップを間違えないように踏んでいるだけだ」とか
「ちゃんとすれば、それなりにましな生活を送ることができる。
 でも、100%素晴らしい人生っていうのはない」(こんなんだよね?)とか
「生きているときにちゃんと向き合わなかったのに、死んだときに泣くような
 人間は嫌いだ」(自信なくなってきた)とか
ちゃんと自己主張はする。
普通は、周りに影響されて、いわゆる「気づき」?
(この動詞の名詞的活用法がわたしは死ぬほどきらいです)
によって主人公が成長する、というのが所謂「成長系小説」なわけですが
春樹小説の場合は主人公が周りに対してそういう態度を示してるのが
面白いなぁと思うのでした。
周りはただべらべらしゃべるだけ。
それは主人公の内面にそんなに影響は及ぼさない。

なんか、でも、
別にそんなに人殺さなくてもよかったんちゃうかな?と思うのでした。

かっこう。





ダンス・ダンス・ダンス〈下〉 (講談社文庫)ダンス・ダンス・ダンス〈下〉 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2004-10

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


村上春樹 | permalink | comments(7) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

おう懐かしい。十五歳くらいの時に図書館で借りて読みましたよ、あんま理解できんかったけど。「なんで突然羊が出てくんの」とか思った。ストーリー全然覚えてないのになぜかブラジャーの話のとこだけ妙に記憶にあります。「君ももうすぐブラジャーをするようになるだろうけど」とかなんとか主人公が女の子に言って・・・ましたよね。「もうしてるわよ」とかそんな会話があったような。

というわけでお久しぶりです。北京オリンピック全く見てないSLASHです。うたぎくさん今は日本にいらっしゃるようですね。CHINAに行ってたのは語学留学がなんかですか?あるいはビジネスとか?
SLASH | 2008/09/01 3:34 PM
>CHINAに行ってたのは語学留学がなんかですか?あるいはビジネスとか?
あ、語学留学でしたか。すでに書かれてましたね。「よく読め」って話ですね。対不起。
SLASH | 2008/09/01 4:21 PM
SLASHさん

ふふ、ブラジャーですか。
思春期の少年らしい記憶力でいいじゃないですか(笑

もう、ほんとなんで「羊」なんだろうー
うたぎく | 2008/09/02 1:43 PM
そうですか。先に読んでしまいましたか。
でもいいじゃないですか。そうなると次は
『羊男のクリスマス』ですな。

「おいしいなあ、もぐもぐ…」
 ↑
一時期、ドーナツやケーキを食うときの口癖になった。
転勤族 | 2008/09/05 9:22 PM
>一時期、ドーナツやケーキを食うときの口癖になった。

あやしいしw

むしょうにドーナツとコーヒーを食したくなりました。
よく考えたら、日本で食べなかったな…
上海のミスド行くか
うたぎく | 2008/09/06 11:27 PM
当時、社内ではそれとわからず
私のマネをするヤツが出てきた。
おいしいなあ、もぐもぐ。
転勤族 | 2008/09/07 9:52 PM
それはちょっとあやしい会社だw
う | 2008/09/08 11:38 PM
コメントする









BlogPeople
■古本市場■