地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 村上春樹:TVピープル | main | イノセント・ワールド >>

日本の本。



ノルウェイの森、っす。


こっちでは、
・村上春樹
・渡辺淳一

のお二方が異常な人気を誇っており
それなりの本屋に行くと専門コーナーまである。
村上春樹なんて、たぶん出した本、全部翻訳されてる。

あと発見したのは
・小池真理子
・柳美里
・松本清張
・東野圭吾
・乙一
・村山由佳
・石田衣良
・青山七恵←わたしこの人知らないんだけど芥川賞なんですって?
・佐伯チズ←作家か?
・あの、「一人暮らし5年目」とか「150cmライフ」とかの人の本
・がばいばあちゃん
・恋空w←最近平積み。

・京極夏彦 「うぶめの夏」があったよ!!!
       どうやって訳したんだ、日本語でも意味わからないのに!!

…セレクトがよくわからんのだけど…
もっとほかにもあるだろう、と思うときもあるw
でも、谷崎潤一郎の「春琴抄」なんて、越劇(だったかな)にもなってるので
それなりに昔の名作もあるんだと信じてるんだけど
本屋にはないねぇ。

ちなみに、今度、田辺聖子版の源氏物語を
日本の小説翻訳専門の翻訳者たちが集まって翻訳するっていうプロジェクトがあるって
こないだ新聞で読んだ。

あとは日本のゲーム、戦国時代モノとかの影響なのかよくわからんが
戦国武将、特に徳川家康は人気っぽいです。



外国にいます | permalink | comments(7) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ええ!?意外・・
うたぎくさん、こんにちはー!

はるきは読まれているのは知ってしましたが、ずん先生(渡辺淳一)も人気があるんですねぇ(しみじみ)
恋空も売れているのですね。
この前の芥川賞は楊逸さんでしたが、でも中国だと現代作家はあまり日本には入ってきていないようで気になります。
映画であれだけ才能を出しているのだからきっと作家も力のある人がいるんじゃないかなあって思っています。日本ではなんかアジアの作家は国際的な有名な賞をとらないと翻訳してくれないような気もします。
日本では最近水村美苗の『日本語が滅びるとき』という本が話題になっているようでした。いよいよ英語が世界を支配するのか〜?なんて興味で100ページほど読みましたが、期限が来たので図書館に返却してしまいました。
ではー^^
kyokyom | 2008/12/20 8:28 PM
お久しぶりです。お元気でしたでしょうか?

ところで、今回のエントリーに書かれた作家の本はほとんど読んでいません。10代の頃にちょっと印象に残る話を聞いたことがきっかけとなり、流行作家の作品は読まないようにしているのです。

でも、村上春樹が30年後も読まれていたら、僕も読んでみようと思います。
デミアン | 2008/12/20 9:12 PM
ううう、お二方の素早いコメントに涙が止まりません

■Kyokyomさん

ねー、ずん様が人気ってどんな国なの、って思いますよねぇ。
昔の作品はさておき、最近のなんて、ねぇ。
でも「失楽園」って超有名なんですよ、こっちでは。

たしかに中国の現代作家の作品は日本では少ないですね。需要がないんだろうなぁ。
こっちで読む限り、いい本も多いと思うのですが、やっぱり興味がなければおもしろくないのか、確かに、わたしも英米文学なんて読まないしなぁと思ったり。
ただ、今は映画がどんどん入ってきてるので、それに合わせて中国の現代の生活に興味が出てくればな、と思います。

水村美苗さんですかー。うはー、読みたい。
彼女は、帰国子女で、アメリカに居たころに、日本の近代小説を読みまくって「日本って素晴らしい」って思ってたのに、日本に来てみたらがっかりした、という経験をおもちで、逆に日本人より日本語を大切に使いたいと強く思ってる方だと思います。

■デミアンさん

…だって、あなたいつも新書ばかり読んでるしー。
あ、でもね、春樹も「ノルウェイの森」の中で「死後30年以上たった作家の作品しか読まないようにしている、時間の淘汰を経て残った作品こそ読むにふさわしい」なんてことを登場人物に言わせておりますよ。ふふ。


うたぎく@しゃんはい | 2008/12/21 1:00 AM
>…だって、あなたいつも新書ばかり読んでるしー。
いえいえ。そういうわけではないですよ。ただブログに書くのは新書本だけということでして。
いずれ気が向いたら、新書以外の本についても書きますよ(新しいブログを作って)。
デミアン | 2008/12/21 11:36 AM
■デミアンさん

いいっすねー。
文学作品に特化したブログなんていかがでしょう??
ちなみにわたくし、斎藤孝って好きじゃないので、デミアンさんの「大人になったらそんなことしてるヒマないだろう」には笑った。
ってねー、確かにお互いマップ持って
「共通点ありませんか?」なんて、普通にコミュニケーションの方法として変だ。
うたぎく@しゃんはい | 2008/12/22 2:03 AM
おこんばんは。おひさしぶりです。
しばらくはそちらですか?
私は地元周辺に戻ってきたものの、
なんとなく変化に対応しきれていません。
やれやれ…。

中国のハルキスト(?)も不意に
「やれやれ…」って言うのだろうか。
「おいしいなあ、もぐもぐ」とか。⇒重症。
転勤族 | 2008/12/24 12:45 AM
おお、久し振り。そうか、またホームグラウンドに戻ったのね。

わたし…いつまでいるんだろうな、ここ。w

中国語で、やれやれ、って普通に「あいやー」なんですよね。それか「はーい(語尾は下がり気味にため息交じりで)」。
っていうのは、普通にみんな言ってるな…。

もぐもぐは…ないだろうなぁ…
う | 2008/12/26 2:41 AM
コメントする









BlogPeople
■古本市場■