地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「崖の上のポニョ」 | main | 「レッド・クリフ〜赤壁〜」 >>

「投名状」

JUGEMテーマ:映画


これ、日本で公開されてないの?うそだぁ…
これは、去年の春あたりに中国で公開された映画です。

主演が
■ジェット・リー
■アンディ・ラウ
■金城武

どんだけ豪華なの。

大陸では、映画史の記録を塗り替えるくらい大ヒットした映画。
え、ほんとに日本で公開されてないの?公開するべきでしょ。メンツの豪華さから言っても。
もちろん、最近日本で公開されている中国映画の派手なCGやアクションはない。
けど、いいよー。まじで。

かつて、大軍を指揮し、その自分の采配の失敗によって多くの仲間を失ってしまい
ただ放浪せざるを得なかった男、ジェット・リー。
餓えて倒れてしまった彼を一夜だけ、やさしく開放してくれた謎の女。
彼が目を覚ましたときには、すでに彼女の姿はなかった。
再び放浪するジェット・リーの前に流れものの集団が現れる。
そのトップであったアンディ・ラウと弟分である金城武。
二人はジェット・リーの戦闘能力に眼をつけ、自分たちの仲間に引き入れる。

彼らの住む場所は、炭鉱。
食べ物もほとんどない、それでいて、家族のようなその村のために
男たちは外へ出ていく。
アンディと金城武の二人は、村の者たちにリーダーとして慕われていた。
そこでジェット・リーはあの謎の女と再会する。
彼女は、リーダーであるアンディの女だったのだ。

頑張って外に出て、食べ物などを獲ってきても
治安維持だと称する国の軍隊に略奪されてしまう。
そんな状況を打開するべく、ジェット・リーはひとつの提案をする。
この村の男たちで軍隊を組織し、傭兵ならぬ傭軍隊として、国に仕えてみないか。
お金になるぞ。食べ物もたくさん手に入るぞ。

最初はお互い信用してなかったアンディ&金城武と、ジェットリー。
3人は村の皆の前で義理兄弟の誓いをする。
お互いがピンチになったら、何をさておいても助けよう
お互いにいいことがあったらちゃんと分けよう
(うろ覚えなので詳しい内容は映画を見るように)
だって俺達は兄弟になったんだ。
この誓いがタイトルにもなった「投名状」だ。

そして、3人は若者たちとともに村を出る。
ジェット・リーは失ってしまった名声を再び手に入れるため。
残りの二人と村の若者たちは、食べ物を手にいれ、村を復興させるため。

戦っていく中で、たくさんの仲間が死んでいく。
若い子供たちも死んでいく。
あるときは戦争で、あるときは規律を破ったためのみせしめの処刑に。
その中で、アンディ&金城チームは、ジェット・リーに対して疑念を沸かせるときもある。
だけど、「いや、信じよう。俺達は兄弟になったんだ」

もうさー、このアンディ&金城チームがもう犬のようでかわいいったらないの。
誓ったから!裏切るわけがない!
なぜなら投名状は彼らにとって絶対的なものだから。
だけどジェット・リーにとっては、決してそうではなかった。
その小さな差がだんだんと大きくなっていく。
女も絡むとどんどんひどくなっていく。

守るものがある人間は強くもなれるけど
それが逆に弱点になってしまうときもある。
アンディや金城武は、田舎の炭鉱村で、顔を真っ黒にし、泥だらけになって
みんな家族のように暮らしてきた。
そのためには「信じる」「助ける」「仲間になる」のが一番大事だった。
だからアンディは、降参してくる敵を殺すことはできなかったし
むしろ、それを助けて仲間になったほうがいいじゃないか!と思ってた。

だけど都会の人間(?)のジェット・リーにとっては
そんなものはいらなかった。
欲しいものを手に入れるのであれば手段も選ばない、
そういう生き方をしてきた。

だから最後はとにかく悲しくて
名誉もきれいな服も大きな家も手に入れて
だけど、最後には何も残らない。

いや、ほんと、いい映画ですよ。息もつかせないし。
も、あの映画やあの映画なんかよりずっと笑

ヒマにまかせて映画鑑賞(中・香・台) | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









BlogPeople
■古本市場■