地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「レッド・クリフ〜赤壁〜」 | main | 「パフューム」 >>

「舞妓Haaaan!!!」

舞妓Haaaan!!! [DVD]舞妓Haaaan!!! [DVD]
阿部サダヲ, 堤真一, 柴咲コウ, 水田伸生

VAP,INC(VAP)(D) 2007-12-12

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東京の食品会社に勤めるサラリーマンの公彦は、熱狂的な舞妓ファン。なんと舞妓さんのHPも作成している。そんな彼に京都支社への転勤話が。狂喜乱舞する公彦。ついに夢にまでみたお茶屋体験ができる! 彼は恋人の富士子をふって、いざ京都へ。公彦は“一見さんお断り”という敷居の高いお茶屋を、仕事で結果を残して、社長に連れてってもらうことで突破! しかし、舞い上がったのも束の間、野球選手がお金にモノをいわせて豪遊しているのを見て、ライバル心が沸いてくる。そんなとき富士子は「舞妓になって見返してやる!」とこっそり京都で舞妓修行を始める…。
人気脚本家・宮藤官九郎とTVドラマ「恋の魔法使い」の水田伸生監督がタッグを組んだ、爆笑コメディ。注目は舞妓オタクを演じる主演の阿部サダヲ。全編“阿部サダヲ劇場”といっても過言ではないほど出づっぱり。ハイテンションの芝居で圧倒する彼の魅力をたっぷり堪能できる。また舞妓の世界に乱入するオタクという突拍子もない設定ながら、お茶屋のあり方、とりまく人々、家族の絆をていねいに描き、爆笑させつつ、最後は温かい気持ちにさせてくれるクドカンの脚本も秀逸。共演は柴咲コウ、堤真一、伊東四郎など。野球選手を演じる堤の阿部に負けないキレっぷりも必見!(斎藤 香)

JUGEMテーマ:映画


いや、もう、天才やろ。

阿部サダヲ、天才すぎるわ。

わたくしにとって、阿倍サダヲって「アンフェア」あたりからテレビでよく見るようになって、気がついたら映画やドラマに出まくってる、という印象なのですが
この人、ほんっと何でもできるよね。

クドカンについては、わたしは彼の作ったドラマもまったく見てないし
「弥次さん、喜多さん」も見てないので、よくわからないけど
この映画だけはほんっと天才だと思った。

今さらだけど、映画って始まりがすごく大事で、その瞬間にどれだけ入り込めるか左右すると思うのだけど、
もうこの映画に関しては、始まりの瞬間からすごく変。
最初から阿倍サダヲの一人舞台。
サイト上でコメントのやりとりバトルをする、堤真一もえげつなくて素敵だし
一人で暴れるサダヲを盗みみて、「素敵…」と写真を取りまくる柴崎コウも
もはや意味不明。

基本のストーリーはバカバカしくて、もうほんとにコメディなんだけど
結構誰もが「こうなったら・・・」とか「あいつには負けたくない…」みたいな感情を
阿部サダヲが全部叶えてくれるような気がして、爽快ですらある。
もうなりあがり双六みたいなかんじで、
最初はただただお茶屋デビューがしたい!だけだったのが
会社ですごい売上を出す商品を開発したり
野球選手になったり、
俳優になったり
もうなんか、その盲目状態の情熱っていうの?

その阿部サダヲのやる気をどんどんあおっていく
堤真一のえげつないキャラも最高。
あのドスのきいた京都弁!!
この人ってこんな役できるんだぁ…とただただ脱帽でした。

柴崎コウはこの二人のキャラに押されて、影がちょっと薄いのだけど
でも、この子、ちゃんと舞妓の練習したんだろうなぁ…と思えば
存在自体は負けてない。

結構のほほんとしている伊藤四郎が、意外にキーキャラのいい役してるなぁとも思いました。

この映画、ほんとに祇園の舞妓さんや芸妓さんたちがたくさん出ていて
見ていてなんだかなつかしい気分になりました。
お茶屋遊び、というか、あの舞妓さんたちとゲーム!とか
あのゲームって、ほんと単純で、画面で見るだけでは
「そんなにおもろいんか?」と思うけど
実際やったら結構おもろいんよね。しかも酔っぱらってると。

もちろん、ストーリーや映画製作にちゃんとお金をかけてんだなぁと思うけど
やっぱり、4人の実力たっぷりの俳優さんが演じていることで
どんなにドタバタしてても、安心して見ることができる、
最初っから最後まで息をつかせない極上のエンタメ映画だと思います。
こういうのがもっとあったらなぁ…。
ヒマにまかせて映画鑑賞(日本) | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









BlogPeople
■古本市場■