地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 宮尾登美子:一絃の琴 | main | 宮尾登美子:伽羅の香 >>

西原理恵子:できるかな



できるかな
西原 理恵子




この頃の絵が好き・・・
この本の中では「町内まんが」が好きでつ。
タイの西原家の周りで起こる、いろんなこと。
人種の違いや風習に対する、あざやかなつっこみ。

世界一女子高生らしい男子高生の通学風景、なんて日本じゃ見れないもん。
見たいー。
やっぱり、タイはいったことがあるから、好きだなー。

うまいこと言うな、と思ったのは
「日本人以外でタイにいるクズ外人の多くは、イタリア人とドイツ人。
 第二次世界大戦負け組三国同盟」
 ・・・って確かに。
 ほんっとドイツ人しかいなかったもんなー。
 3ヶ月とかの休みをどかーんと取って、タイに長期ステイしつつ
 「ライフ・イズ・ビューティフル−」なんて叫びながら
 それを「いいなー」と指をくわえる日本人(俺)に
 ビールをおごってくれるのはドイツ人だ(笑

失敗した人とか、ダメになっちゃった人とか、
いわゆる「底辺」にいる人とか
そういうのに、サイバラのまんがはやさしいと思う。
でも、なんか切ないんだなぁ。

他には、新宿の酉の市の話、高知の話、岸和田だんじりの話が好き。
作家別「さ」行 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -
この記事のトラックバックURL
http://utagiku.jugem.cc/trackback/98
この記事に対するトラックバック
BlogPeople
■古本市場■