地味な女子の読書とか映画とか。

現在、海外暮らしのため 不定期に更新しております。本が読みたい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

山崎豊子:女系家族

410110431X女系家族〈上〉
山崎 豊子

新潮社 2002-05

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大阪・船場の老舗矢島家は代々跡継ぎ娘に養子婿をとる女系の家筋。その四代目嘉蔵が亡くなって、出もどりの長女藤代、養子婿をむかえた次女千寿、料理教室にかよう三女雛子をはじめ親戚一同の前で、番頭の宇市が遺言書を読み上げる。そこには莫大な遺産の配分方法ばかりでなく、嘉蔵の隠し女の事まで認められていた。…遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。



見てますかー?
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(16) | trackbacks(1)

吉田修一:最後の息子

4167665018最後の息子
吉田 修一

文芸春秋 2002-08

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲し、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記。そこに残された映像とは…。第84回文学界新人賞受賞の表題作のほか2作を収録。


これが愛かも。
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

吉田修一:熱帯魚

4167665026熱帯魚
吉田 修一

文芸春秋 2003-06

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大工の大輔は子連れの美女、真実と同棲し、結婚を目指すのだが、そこに毎日熱帯魚ばかり見て過ごす引きこもり気味の義理の弟・光男までが加わることに。不思議な共同生活のなかで、ふたりの間には微妙な温度差が生じて…。ひりひりする恋を描く、とびっきりクールな青春小説。表題作の他「グリンピース」「突風」の二篇収録。





クールって何だ?
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

吉屋信子:続 徳川の夫人達

続徳川の夫人たち 上
4022601930吉屋 信子

おすすめ平均
stars

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



徳川260年の大奥・・・・

※気がついたら激しく長いテキストになったので 
 心して開くように!笑
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

柳美里:家族シネマ

家族シネマ
柳 美里

講談社
1999-09
売り上げランキング 76,380
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



芥川賞は「純文学」に与えられるもの。
で、その「純文学」ってなぁに?
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

柳美里:男



柳 美里

4101229236


私は、貴方を想いだす。
手、骨、背中、足、胸、髪、声・・・・。

さぁ、胸に手をあてて考えてみましょうー。
あなたは過去の男(女)の身体のパーツを思い出せますかー?
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

吉屋信子:女人平家


女人平家〈上〉
吉屋 信子

4041734010


牡丹の花が今を盛りと咲き誇る平家六波羅邸―。平家の嫡男平清盛は、牡丹園のほとりで1人の娘に会い、見初めた。兵部権大輔平時信の娘時子である。清盛に後妻として嫁した時子は、先妻の子重盛をはじめ、異腹の子供たちも皆邸に引き取り、自分の子同様大切に育てた。男の子たちは平家軍団の根拠地で武士に、女の子たちは西八条の私邸で雅な姫たちに―。慈母観音のような時子ではあったが…。時子と6人の姫たちをめぐって物語は展開する。(byアマゾン)


流行に乗ってみましたー。
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

柳美里:「命」四部作





柳 美里


4101229252


(どこかへ)スパイラル状に上昇する3つの魂
続きを読む >>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

山本周五郎: 寝ぼけ署長   

寝ぼけ署長
山本 周五郎おすすめ平均人情ミステリAmazonで詳しく見る4101134359


山本周五郎の本、初めて手にとりましたよ。
1年ほど前に会社を辞めたおじさんが、辞める前にロッカーにある
大量の本をわたくしに下さったのです。
(何故、会社のロッカーにそんなに本が・・・・?あなた仕事中に何してるの・・・?)
などという心の声はさておき、ありがたく頂戴した中の一冊。
大量の本はわたくしのデスクの足元に積まれており、
「しまったっ。帰る前に本読み終わっちゃった!帰りの電車で読む本がない!」
というときに1冊づつ持ち帰るのです。

で、この本。
戦争が終わって、だんだん成長期に入ろうかとする日本。
その中の小さな町に、一人の警察署長が赴任してきました。
いつも部屋でうつらうつらしているので「寝ぼけ署長」と
町の人々は軽く馬鹿にしていました。
ところがこの署長、三カ国語ぺらぺら。かなりの読書家で
転任になるときには町の人々が転任反対運動をするほどの署長でした。
そして、その署長の赴任期間中は、町には大きな事件も起こらなかったのです。

・・・町に起こった、様々な事件を不思議な手段で解決していく署長。
そこには署長の人間に対する愛情がたっぷりと含まれているのです。
署長の数々の名言。これは色んな事件にまつわる人々の背景を深く考えるからこそ。

一応「探偵小説」というくくりのようですが、
これは「探偵小説」と肩肘張らなくても読んであったかい気持ちになれます。
やるな、山周。アタシを虜にさせてどうするつもり?



<男性作家 ミステリー>
作家別「や」行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BlogPeople
■古本市場■